SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イーデザイン損保、通学路の危険箇所を見える化する「もしかもマップ」提供

 4月27日、イーデザイン損害保険は、通学中の自動車事故を削減する取り組みとして、全国の親子で、通学路の危険箇所マップ「もしかもマップ」を作るプロジェクトを開始した。

 「もしかもマップ」は身近にある危険な場所を見つけて、マップにピンを立てられる仕組み。誰でもスマートフォンなどからアクセスできるため、通学路を親子で歩いて確認し、危ないと感じた箇所を登録できるようになっている。

 他の人のピンに対しても反応ができ、みんなの「声」がマップに集まっていくことで、気がつかなかった危険な場所がマップに見えるようになっていく。また、提供開始時点では警察庁交通事故統計情報のオープンデータによる全国の交通事故データと80以上の地方自治体からの提供データが反映されており、こうしたデータにもとづいたピンは今後も拡大予定。

 この取り組みは、データを活用した同社の共創型事故削減プロジェクト「SafeDriveWithプロジェクト」の一環。全国の自治体や小学校と連携することで通学路の危険箇所の見える化を促進し、児童への注意喚起や、交通インフラの整備に貢献していく。

 また、同プロジェクトで得たデータを、同社の自動車保険「&e(アンディー)」のIoTセンサーによる運転挙動データと組み合わせることで、より高度な事故削減の取り組みにもつなげていく。

 公益財団法人 交通事故分析センターが発表している「交通事故統計年報」によると、最新2020年までの26年間にわたって、歩行中の交通事故死傷者数において7歳児が突出して多い状況が続いており、この状況は「魔の7歳」と呼ばれ問題視されている。

 同社は「魔の7歳」に対して、事故のない世界の実現を目指しており、金沢大学融合研究域融合科学系の森崎裕磨特任助教の監修のもと、「もしかもマップ」を開発した。

【関連記事】
ロート製薬、顧客との共創マーケティングで「猫耳目薬」を開発 公募で選出した猫をモデルにキャップを制作
検索せずに出かける先が決められる「MapFan未来情報」提供開始、3年先までの情報を地図上に掲載
デジタル×アナログで計画的な学習を支援する、コクヨが中高生向け勉強アプリをリリース
大阪ガス、子どものプリント・スケジュール・TODO一元管理アプリ「プリゼロ」の提供を開始
キユーピー、渋谷区との協業で子どもの食育を目的としたイースターイベントを開催

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/27 16:00 https://markezine.jp/article/detail/38911

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング