SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天グループ、インフォグラフィック「数字で見る『楽天市場』25周年の歩み」公開

 4月28日、楽天グループ(以下、楽天)は、楽天市場が2022年5月1日で開設25周年であることを記念して、楽天市場の概況を表すインフォグラフィック「数字で見る『楽天市場』25周年の歩み」を公開した。ここでは一部を紹介したい。

 楽天市場は1997年の開設当初、出店店舗数13店舗、初月の流通総額32万円程の規模だったが、現在約56,000の出店店舗が集まるインターネット・ショッピングモールに成長した。登録商品数は、3.6億点以上。2020年には楽天市場単体の年間流通総額が3兆円を超え、昨年2021年の国内EC流通総額(年間)は5兆円を突破した。

 水や米、トイレットペーパーなどの生活消費財に代表される「日用品」は、楽天市場の人気商材のひとつだ。25年間で売れた水の総量は25メートルプール49,250面分(約17億7,300万リットル)。またコロナ禍を経て、日用品をECで購入する動きは拡大している。

 「お取り寄せグルメ」も楽天市場の定番。楽天市場では約490万商品のグルメ関連商品が販売されている。中でも、カニやうなぎ、もつ鍋、おせち、スイーツ・和菓子などが人気商品だ。「お酒」も幅広いラインアップや、重い荷物を自宅で受け取れることなどから、根強い人気を誇る。

 また、全国47都道府県の銘菓や農産物、工芸品なども販売。各地のお取り寄せ商品は、約2,800万商品販売されている。

 なお、これらのインフォグラフィックは公式コーポレートブログ「Rakuten.Today」にて公開されている。また、25周年を記念して開設された特設ページ「楽天グループ25周年」では、楽天市場に開設当初から出店する店舗のあゆみや、楽天にゆかりのある著名人が自身のお買い物体験を語るインタビューなどのコンテンツがリレー形式で公開されている。

【関連記事】
決済アプリの利用者数は増加傾向/60代以上のサイト訪問者数トップは「楽天市場」【ヴァリューズ調査】
西友と楽天、「楽天ポイント」を軸とするOMO戦略の新協業体制を4月より本格展開
来店登録したユーザーのオフライン購買をSPUの対象に 楽天がファッション通販サイトでOMO施策を開始
ネットユーザー約3万人が選んだWebサイトランキング、1位は楽天市場/日経BPコンサルティング調査
楽天市場、メーカーの新商品やテストマーケティング段階の商品を紹介する「新商品コレクション」を新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/09 17:30 https://markezine.jp/article/detail/38935

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング