SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界各国のプライバシー関連法へ対応が可能に Priv Tech、Prighterと協業

 Priv Techは5月12日、世界各国のプライバシー関連法の遵守を効率化するサービスを提供するPrighterとの協業に合意したと発表した。

 これにより、同社は国内法への対応ノウハウだけでなく、Prighterの世界各国のプライバシー関連法への対応ノウハウも活用できるようになり、グローバルビジネス企業に対しての総合的なプライバシー保護支援が可能となった。

 今回の協業は2018年の「GDPR(EU一般データ保護規則)」、2022年4月の改正個人情報保護法といった、世界的なプライバシー規制への動きにより、企業の国内外でのプライバシー関連法への対応が煩雑化し、ビジネスの足枷となっていることを受けたもの。

 同社は今後も、国内法・規制に対応できるサービスの継続的リリースに加え、協業・提携による世界各国のプライバシー関連法への総合的な対応を推進していく。

【関連記事】
マーケターの7割が個人情報保護規制強化に関心 関心層の5割は既に広告出稿等で影響受ける【サイカ調査】
フリークアウト、プライバシー保護に配慮した個人識別方法「Unified ID 2.0」への対応を発表
改正個人情報保護法、60%以上が自社のマーケティング活動への影響を懸念【LiveRamp調査】
オプトとGRCSが協業開始 個人情報データの管理およびプライバシー保護の体制構築の支援へ
チーターデジタルとPriv Techが協業 改正個人情報保護法に対応したマーケティング支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/13 15:30 https://markezine.jp/article/detail/38969

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング