SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

【一挙紹介】フルファネルで活用できるAmazon Ads。スポーツライブへの協賛メニューも開始

 オンラインストアで商品を購入するだけではなく、新商品の情報を確認したり、ストリーミングコンテンツを楽しんだりするなど、多様な利用シーンがあるAmazon。広告ソリューションのAmazon Ads(アマゾン アド)も拡充し、Amazon内での販促以外にも、さまざまな目的で使われるようになっています。Amazon Adsには、フルファネルで効果を発揮する広告ラインアップがあります。本記事の前半では豊富な広告プロダクトのさらなる詳細と、マーケターに支持されている特長を紹介します。後半では、広告主企業のニーズを挙げながら具体的な活用事例を取り上げます。

ファネル全体をカバーする豊富なラインアップ

 Amazon Adsといえば、Amazon内で商品をプロモーションできるスポンサープロダクト広告が有名ですが、ブランディングから新規顧客の獲得まで貢献する豊富な広告サービスがあり、フルファネルのマーケティングに対応しています。ここでは、代表的なものや注目の新メニューを主に紹介します。 

Amazon DSP

 Amazon Adsが提供するプログラマティック(運用型)広告サービス。Amazonが所有・運営するプロパティや外部サイト・アプリ上で、ディスプレイや動画広告を掲載できます。独自のオーディエンスシグナルやショッピングインサイトを使用して、Amazon 内外の最も関連性の高いオーディエンスと繋がることができます。Amazonが持つ精度の高いオーディエンスデータもとにしたAmazon DSPは、マーケターであれば使いこなしたいメニューの一つでしょう。

カスタム広告ソリューション

 リッチなランディングページやオンボックス広告(Amazonの配送箱を広告主のブランドに合わせてカスタマイズできる広告プログラム)など、広告主の目的に合わせて作り上げるカスタム広告ソリューション。マーケティングファネルのさまざまな段階で生活者にはたらきかけ、ブランドの認知からコンバージョンまで高めることができるメニューです。

 たとえば、あるブランドではAmazon内での商品ラインアップが多岐にわたるため、お客様が自分に合った商品を選びづらいという課題がありました。カスタムランディングページ上でニーズ別に商品を簡単に選べる仕組みを構築することで、商品の発見から購買までのスムーズな導線を実現することができました。

Fire TV広告

 動画サービスをテレビの大画面で楽しめる人気の高いFire TV。ホーム画面やスクリーンセーバー上での広告枠で、テレビ画面ならではのインパクトを視聴者に与えます。ホーム画面で表示されるインライン広告や、スクリーンセーバーと一体化した、フルスクリーン広告の掲載枠などが特徴です。ブランディング目的はもちろん、Amazon内ストアへの誘導にも活用されています。

Twitch Ads

 Twitchは、ゲームやエンターテインメント、スポーツ、音楽など、さまざまなコンテンツを配信するインタラクティブなライブストリーミングサービスです。この独自のエンターテインメント環境に世界中から平均して250万人以上の人々が集まっています。Twitchではコンテンツの共有を通して、何百万人もの人々が相互にかかわりあっています。

 魅力的なTwitchの広告プロダクトの一つに、Twitch プレミアム動画があります。デスクトップやモバイル、タブレット、コネクテッドTVなどの環境で視聴できるTwitchライブ放送に30秒の動画広告を組み込むことができます。視聴者は、ライブストリーミングの視聴前に流れるプレロール広告のほか、ストリーマーが途中で提供するコマーシャルミッドロール広告を体験します。プレミアム動画は30秒の長さで、スキップ不可や広告ブロックにも対応しています。そのほかにもTwitch Adsは、ストリームの途中で視聴者を惹きつけるストリームディスプレイ広告などを提供しています。視聴者がTwitch上でスクロールしてコンテンツを探しているときでも、視聴体験を中断することなくディスプレイ広告を展開できます。

 ブランドがTwitchでインフルエンサープログラムを活用したいときは、これまでに成功したブランドキャンペーンのさまざまな要素を組み合わせて、新たなインフルエンサープログラムを構築していきます。Twitchはブランドと密接に連携して、最適なTwitchストリーマーを選択し、企画の提案から実行、レポート作成まで充実したサポートを提供します。

Live Sports In-Stream広告

 日本で提供されるLive Sports In-Stream広告はスポーツライブ中継に協賛できる新メニューです。近年、スポーツコンテンツの視聴は急速にストリーミングへ移行しています。Prime Videoでは、2021年に世界中に新しいライブスポーツ配信枠を立ち上げ、NFLやサッカーの試合など6つの地域でスポーツ中継を300日以上配信し、2万件を超えるライブイベントを提供しました。

 日本においては「Prime Video presents Live Boxing」と銘打ったボクシングイベントのライブ中継を開催しています。

 2022年4月9日に行われた村田諒太選手 対 ゲンナジー・ゴロフキン選手の試合を皮切りに、試合やインターバルの間でインストリーム広告を展開。電通マクロミルインサイトが実施した調査によると、視聴者の85%がインストリーム広告を受け入れ、81%が広告出稿したブランドへの好感度を高めています。直近では2022年6月7日の井上尚弥選手とノニト・ドネア選手の試合も記憶に新しく、効果的な出稿先として今後のイベントに期待できます。

スポンサー広告

 商品ページへのトラフィックを促進するスポンサープロダクト広告、ショッピング体験のなかでブランド認知度向上をサポートするスポンサーブランド広告など、Amazon内の商品購買促進に有効なスポンサー広告を用意しています。BtoC商材や購買に特化したキャンペーンを担当するマーケターにとって、心強い味方であることはこれからも変わらないでしょう。

マーケターに支持されているAmazon Adsの優れた特長

 充実したメニューラインアップはもちろんのこと、Amazon Adsには他の広告と一線を画す、マーケターから支持されているポイントがあります。改めてそれらの特長を紹介します。

 一つめは、総合オンラインストア「Amazon.co.jp」ならではの、充実したオーディエンスセグメントです。たとえば「ライフスタイル」「インマーケット」「ホットカスタマー」「商品カテゴリ」「エリア(47都道府県)」といった設定を通じて、買い物やストリーミングを楽しむオーディエンスにリーチできます。

 二つ目は、施策評価に役立つレポーティングや効果測定機能です。広告自体のクリックやインプレッションなどの基本的な数値はもちろん、広告費の売上に対する割合を表した広告費売上高比率なども確認可能。売上に広告がどうつながっているかを評価することができ、PDCAに役立ちます。

 さらに、Amazon Marketing Cloudを使用すれば、広告パフォーマンスに加えて、より深い分析が可能になります。たとえば、時間別でのレポートを抽出することで、CVが多く発生している時間に合わせた入札調整のヒントを得ることが可能です。また、より発展させてスポンサー広告とAmazon DSPのパス分析を行うことも可能になり、重複接触による相乗効果の検証も行うことができます。

 このようなAmazon Adsの特長や豊富な広告メニューは、実際のマーケティングにどう活きるのでしょうか。ここからは、3社の事例とその実績を紹介します。

本稿で紹介する事例

【事例1】ブランドリフトも!認知・オフライン購買に寄与(アサヒ飲料)
【事例2】ライブストリーミングで革新的なCXを実現(三菱自動車)
【事例3】認知&コンバージョンを高めた新興企業(Osmo)

次のページ
【事例1】ブランドリフトも!認知・オフライン購買に寄与

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/29 11:00 https://markezine.jp/article/detail/39128

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング