SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Braze、Tangerineと戦略的パートナーシップを締結

 BrazeとTangerineは、戦略的パートナーシップを締結し、協業を開始した。

 Brazeは、カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「Braze」を開発・提供している。同社は、ニューヨークに本社を置き、ベルリン、シカゴ、ロンドン、サンフランシスコ、シンガポール、東京にオフィスを構えている。

 Tangerineは、「Tangerine Store360」などリアル行動データプラットフォームを展開。人流データや商品接触分析など行動データを可視化することで企業のビジネスを支援している。

 今回の協業により、「Store360 SDK for Braze」の提供を開始する。

 同サービスは、Tangerine Store360によってリアルタイム検知した店内行動・来店情報を、バッチ処理を挟むことなくリアルタイムにBrazeに連携。さらにBraze内で直接データの処理・キャンペーンの即時実行を行えることで、来店ユーザーへの高度なパーソナライズ・店舗分析の高度化を図る。

 また、Brazeのリアルタイム性、Tangerine「Store360」の小売業界に特化した分析基盤など、両ソリューションの融合を図ることで、次世代の統合型小売りプラットフォーム構想の展開に向けたソリューションを共同開発・提供を推進していく。

【関連記事】
17LIVEが「Braze」を採用 ライバーやリスナーとのエンゲージメント強化を目指す
日本KFCが「Braze」を採用 データ分析の負荷低減と顧客に応じたコンテンツの提供を目指す
Brazeとリロクラブ、優待コンテンツとカスタマーエンゲージメントプラットフォームの融合提案を開始
アイスタイルが「Braze」を採用 チャネル横断型のコミュニケーションでエンゲージメント向上を目指す
Braze日本法人代表に元アドビの菊地真之氏が就任 日本企業のブランド体験最適化の支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/29 13:00 https://markezine.jp/article/detail/39219

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング