SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

鴻池運輸が「KBX」のシステム基盤にSalesforceを採用 輸出入業務のDXで効率化を目指す

 鴻池運輸は、同社が提供する海上輸出入業務のオンライン支援サービス「KBX」のシステム基盤にSalesforceを採用した。

 KBXは、海上輸出入業務に関わる手配の依頼から完了までのやりとりをWebやチャットで完結可能にするサービスだ。鴻池運輸は「Salesforce Experience Cloud」「Salesforce Lightning Platform」などのSalesforce製品を、KBXのフォワーディング(※)のプラットフォームの基盤として採用。複雑な手配や多数の書類がともなう国際物流業務において、情報の一元管理と拡張性を担保するプラットフォームを構築した。

※フォワーディング業務とは、輸送の依頼主と実際の輸送業者の間に立つ際、貿易事務や輸送手配に付随して発生する専門業務

 鴻池運輸・顧客・協力会社の3者を繋ぐKBXのプラットフォーム上では、それぞれのポータルが構築されている。顧客向けポータルでは、従来電話やメール、FAX、紙によって行われてきた煩雑な手続きをデジタル化。これにより、顧客の利便性向上を目指す。また協力会社向けポータルでも、輸出入に関する一連の業務をオンライン化することで、煩雑な国際物流業務の効率化を推進していく。

【関連記事】
ビックカメラ、DX宣言の実現に向けてSalesforceを全面的に採用
EmotionTechがSalesforceとデータ連携 行動・属性×感情で深い顧客理解を実現
電通プロモーションプラス、「リテールDXサイネージ Shelf Motion」提供へ
富士フイルムビジネスイノベーション、DX支援を強化 豪州のデジタルメッセージ配信サービス企業買収 
凸版印刷が「DMAP診断サービス」の提供へ マーケティングDX推進の課題を可視化し、対応方針を提示

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/17 15:30 https://markezine.jp/article/detail/39236

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング