SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

産経新聞とデータアーティスト、新聞広告をAIで紙面配置する「AI割付」システムを稼働

 産経新聞社と電通グループのデータアーティストは6月27日、AI(人工知能)を利用して新聞広告を紙面に配置するシステム「AI割付」を共同開発した。

 新聞広告はこれまでクライアントの要望を勘案し、掲載日や掲載面などの条件、同一業種や製品などが重ならないよう人の手によって配置されてきた。しかし、この作業をAIが代替することで、迅速で効率的割り付けが可能となる。移行期間を経て、今夏にも実装する予定だ。

 今後は「AI割付」を読者にとっても有意義なものに発展させるため、システムの中に様々な外部情報を取り込み、時宜を得た広告の掲出を可能にしていく構想がある。例えば、梅雨明けのタイミングに合わせてアイスクリームの広告を出すなど、より最適なタイミングで最適な広告を出せるようなシステムを目指していく予定だ。

 同システムは新聞広告の可能性を広げるのみならず、デジタル技術の活用により既存業務を変革する「DX」の一例として、さまざまな媒体への広がりが期待されている。

【関連記事】
新聞購読者の約6割が折り込みチラシを「ほぼ毎日見る」と回答【マイボイスコム調査】
SMNと読売新聞東京本社、新聞×テレビの接触データを連携し広告ビジネスを展開
朝日新聞社とIAS、コンテクスチュアルターゲティングサービスを共同開発 ユーザーのプライバシーに配慮
CA、GOと共同で新聞広告とTwitter広告を組み合わせた広告パッケージの提供を開始
朝日新聞、デジタルマガジン「&」をリブランディング 会員機能の追加や広告メニューの新設も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/27 14:00 https://markezine.jp/article/detail/39312

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング