SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

健康意識を7つに分類!「ウェルネストレンド白書」で見えた、生活者の意識と行動とは?

 健康・ウェルネスに関する調査・発信などを行っているウェルネス総合研究所は、2022年5月に最新のレポート「ウェルネストレンド白書 Vol.2」をリリース。生活者へ健康食品やライフスタイルなどについて尋ねた調査結果を、価値観などで分類した7つの層に分けて集計している点が特徴だ。そこからは、これまで得ることのできなかったセグメントごとの傾向が浮き彫りとなった。このレポートが、企業のマーケティングや商品企画をどのように変えるのだろうか。ウェルネス総合研究所の武田猛氏に話を伺った。

デモグラフィック分析では追いきれない?生活者を価値観別にセグメント

――最初に、武田さんの経歴をお聞かせください。

武田:食品業界で実務経験を18年、コンサルティングを18年やってきました。最初は健康食品会社で営業や企画営業をやっていて、その中でマーケティングの勉強の必要性を感じて法政大学の夜間大学院でマーケティングを勉強しました。その後、通販の健康食品会社へ転職し、新商品開発と新規事業開発を担当しました。仕事を通して、社内で企画を通していく大変さ、新規事業を立ち上げる大変さについて身をもって体験しました。

 そして、2004年にそうした経験と人脈を活かし、健康食品業界に特化したコンサルタント会社グローバルニュートリショングループを創業しました。また、2020年8月に設立したウェルネス(健康)に関する情報の調査・発信を行っているウェルネス総合研究所の理事も務めています。

株式会社グローバルニュートリショングループ 代表取締役 一般社団法人ウェルネス総合研究所 理事 武田猛氏
株式会社グローバルニュートリショングループ 代表取締役
一般社団法人ウェルネス総合研究所 理事 武田猛氏

――ウェルネス総合研究所では「ウェルネストレンド白書」というレポートをリリースさていますが、どういったものなのでしょうか?

武田:20代から70代の男女4,600名の生活者に調査した、健康・ウェルネスに関する調査です。2021年12月にVol.1を、2022年5月にVol.2をリリースしています。

 最大の特徴は、多変量解析の因子分析という手法を使って、生活者を価値観や潜在意識に基づいてセグメントしている点です。まず健康やウェルネスに関する因子を挙げていったところ、生活系や運動系、情報系、避けたいものなどの因子が16個出てきました。それを近いものでグルーピングした結果、7つのグループができました。

 それが、以下の「健康セグメント」です。単純に10年ごとの年代や性別といったデモグラフィック分析したデータでは、価値観が多様化している中で効果的なマーケティングや商品企画を行うのは難しいと考え、こうしたセグメントで分析しました。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

「価値観でセグメント」するメリット

――7つの健康セグメントはどのように活用していけば良いでしょうか。

武田:たとえば、従来はグルコサミンを売りたいとしたら、認知率が何%で効能まで理解している人が何%というデータがあり、その数字を上げようと努力していたと思います。しかし、すべての層に向けて認知率を上げても、実際に使ってもらえる人は多くはないと思います。

 このレポートでは性別や年齢問わず、価値観や行動様式が近い人たちで分けているので、ターゲットをごとに適切なアプローチや方向性を考えやすくなります。

――ターゲティングと適切な戦略を考えるために使っていけるのですね。

武田:そうです。たとえば「健康コンシャス層の20代から30代女性をターゲットとする」というように、誰を相手にして、どう戦って、どう伝えていくのかというところまで具体化でき、戦術に使えるレポートだと言えます。

――それぞれのセグメントは、どのような人たちで構成されているのでしょうか。

武田:男女比や年代はセグメントごとに大きく違っています。

 健康ストイック層は約6割が女性で、その中でも60代から70代の割合が多いです。健康コンシャス層も約6割が女性ですが、健康ストイック層よりも若い人が多いです。一方、まだ大丈夫層は約6割が男性で、健康上の悩みがない若い人たちが多いです。トレーニング大好き層も約6割が男性で、20代から30代が半数近くを占めています。

次のページ
情報の取り方の違い、健康ストイック層は新聞や雑誌が高い傾向に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/28 10:00 https://markezine.jp/article/detail/39475

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング