SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

家計簿発!実購買データから読み解く消費者インサイト

ガストやマックなど、ブランドのロイヤルティを比較!実購買データで見る、コロナ禍前後の外食市場トレンド

 本連載ではオンライン家計簿サービス「Zaim」に蓄積した家計ログデータを統計加工した「Zaim トレンド」をもとに、業界やサービスを様々な切り口で分析・可視化していく。第1回は、外食産業をテーマに取り上げ、業態別に時系列データで分析する。また記事の後半では、特定のチェーンブランドがどういったユーザー層に利用されているのかを世代別・ロイヤルティ別に比較し、明らかにする。

家計簿データから、生活者の意識と行動を読み解く

 株式会社Zaimが運営する「Zaim」は、2011年にリリースしたオンライン家計簿サービスであり、現在は1,000万ダウンロードを突破している。

 ユーザーは日々の支出入記録を直接アプリに手入力するほか、レシートの画像を撮影したり、クレジットカードやオンラインショッピングの利用明細を自動連携したりすることで家計簿として管理。日々の支出入を振り返ることができる。

 Zaimユーザーの世代は20~40代、居住地は首都圏エリアがボリュームゾーンであるが、全国の若年層から高齢層まで幅広い世代、世帯に利用されている。この家計簿データを個人が特定できないように加工し、生活者の意識と行動を見える化した購買ビッグデータソリューションが、「Zaim トレンド」である。

 Zaim トレンドのデータには、食費や日用雑貨、美容衣服といった日常の買い物から、住まいや水光熱費といった生活インフラ、エンタメや教養教育といったサービスまで生活者の支出の記録が含まれる。このZaim トレンドを様々な切り口で分析し、業界別に連載形式で解説していく。

利用シーンが明暗を分けた、コロナ禍の外食市場

 ここからは、Zaim トレンドの家計簿データをもとに外食市場のトレンドを読み解いていく。

 家計簿に記録された外食チェーン店での支出額を2019年から2022年まで月別で集計比較すると、新型コロナウイルスの感染拡大が疑われ始めた2020年3月に減少傾向に転換した。そして第1回緊急事態宣言が発出された2020年4月には、前年同月と比べて約43%の水準となっていた。その後も低調に推移し、第6波の影響で2022年の第一四半期は低迷していたが、4月以降は徐々に回復していることが伺える。

 続いて外食チェーンをジャンル別に集計し、支出額の推移を確認する。デリバリーサービスとの親和性が高いパスタ・ピザ・ファストフードや家中での喫食がメインに想定されるスイーツジャンルは、コロナ前(2020年3月以前)と変わらない水準で利用されていることがわかった。

 コロナ初期に打撃を受けたものの直近徐々に回復の兆しを見せているのは、寿司、焼き肉、カフェ、丼・定食チェーンなどだ。換気性が高い焼き肉店や、一人利用のできるカフェや丼・定食チェーンはコロナ禍でも利用しやすい点が影響していると考えられる。

 一方、大人数での会食や出社などが制限されていたコロナ禍の影響が緩和されつつある2022年においても、居酒屋やバーといった飲み会の場、複数人で食を囲む鍋ジャンルのチェーンは依然回復の兆しが見られない。このように、コロナ禍の外食市場への影響は利用シーンが明暗を分ける結果となった。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
フードデリバリー、76%のユーザーが利用頻度増加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

志賀 恭子(シガ キョウコ)

株式会社Zaim ビジネス事業部 執行役員未来の消費活動がより豊かになることを目指して、家計簿発のデータソリューション「Zaim トレンド」のサービスを立ち上げ。家計を起点に生活者のトレンド・兆しの発見に繋がるデータ分析、サービス開発に携わる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/06 08:00 https://markezine.jp/article/detail/40058

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング