SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LIVE BOARDのDOOHにGoogle「ディスプレイ&ビデオ360」からアクセス可能に

 LIVE BOARDは、同社のHivestackとのグローバルパートナーシップを通して、Google Marketing Platformの中で、広告配信に関する機能「ディスプレイ&ビデオ360(以下、DV360)」と、「LIVE BOARDマーケットプレイス」のSSPを接続。LIVE BOARDのデジタルOOH(以下、DOOH)へアクセスが可能になったと発表した。

 これにより、国内外の広告主がDV360を通じて、日本の主要な繁華街、幹線道路沿い交差点、駅・電車内などのDOOHの広告在庫をプログラマティック(※)に買い付けできる状態を目指す。

※DOOH(Digital Out of Home)をネットワーク化し、取引や配信を柔軟に行い、広告の枠・指標・配信が一括管理できる仕組み(=プログラマティックDOOH)

 LIVE BOARDはNTTドコモのデータを活用し、広告1配信ごとの視認者数や属性データを把握。広告主がデータに則した意思決定をメディアキャンペーンに適用し、効果的に効果測定ができるように取り組んでいる。

 また、GoogleのDV360を使用する広告主は、Hivestackを通してLIVE BOARDの在庫にアクセスし、天気や位置情報などのデータを使って広告配信できるため、より効果的かつ効率的にオーディエンスへリーチすることができる。

 日本におけるGoogle-Hivestack-LIVE BOARDの間での初のプログラマティックDOOHキャンペーンは、実際のパフォーマンスにおいても興味・利用意向のリフト、他の出稿媒体とのクロスメディアにおける相乗効果が確認できた。

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
LIVE BOARD、京王線新宿駅にて広告視認者数に基づいたDOOH広告の配信を開始
FamilyMartVisionとLIVE BOARDのDOOHがパッケージ化視野に実証実験を開始
大阪メトロがDOOHの「オーディエンス推計」の考え方を整備 、視認範囲の有効なimp推計可能に
LIVE BOARDと富士通、DOOH広告の視認数に応じたインプレッション計測モデルを構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/21 11:30 https://markezine.jp/article/detail/40063

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング