SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「感性AIアナリティクス」、バージョンアップで「共感性」「品質感」「インパクト」の評価が出力可能に

 9月30日、京王グループの感性AIは、電気通信大学の坂本真樹研究室の特許技術・知財を活用して提供するマーケティングソリューション「感性AIアナリティクス」のバージョンアップを実施する。

 同ソリューションは、消費者データを学習したAIが、商品の重要な要素である「ネーミング」「キャッチコピー」「パッケージ」の感性データを瞬時に出力するイメージ分析AIツール。

 あいまいな感性情報をAIにより数値化・データ化、活用することで、試行錯誤が多い新商品開発、既存商品リニューアル時のブランディング・販促業務において、より消費者の感性に働きかけやすいコミュニケーションの実現を支援する。それにより、市場調査コストを軽減し、業務効率化推進に貢献するとともに、「感性データ」の活用によるものづくりにおける感性価値創造を目指す。

 今回のバージョンアップにより、性別・年代別での「好意度」の評価に加え、「共感性」、「品質感」、「インパクト」の評価結果出力が可能になったほか、SNS感性分析β版機能を追加することで消費者のリアルタイムの反応を感性面から簡易に分析できるようになった。

評価項目が好意度、共感性、品質感、インパクトの4項目に
評価項目が好意度、共感性、品質感、インパクトの4項目に
SNS感性分析β版機能
SNS感性分析β版機能

 これにより、よりターゲットに響きやすい表現の検討・選定やブランディング・販促活動における効果測定に活用できるようになる。

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
コニカミノルタ、脳工学に基づく画像解析で最適なデザインを追求する「EX感性ソリューション」提供へ
ソケッツ、集英社に感性メタデータの提供を開始
京王グループ、AIで感性価値の創造・改善を支援するマーケティングソリューション提供
SandBox、脳波を通じて感性評価を行うマーケティング支援サービス「ノウミーリサーチ」の提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/29 11:00 https://markezine.jp/article/detail/40144

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング