SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドウェイズ、Facebook、Instagramの広告最適化に特化したソリューションをリリース

 アドウェイズは、運用型広告支援システム「AMP(Amplify Marketing Program)」シリーズにおいて、Facebook、Instagramの広告最適化に特化した「MediaAnalyzer 4M」をリリースした。

 同社は、アフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマートフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」などを展開する企業だ。

 今回リリースしたサービスでは、広告キャンペーンの設定がベストプラクティスに沿って適切に設定されているか自動でチェックする。具体的には、行動因果ビジョニングを通じ、媒体アルゴリズムを分析。同社が長年蓄積した広告配信データを基に、複数の角度から媒体アルゴリズムと広告効果との因果関係を解明し、状況に合わせた最適化アクションを提案する。

 また「クリエイティブサスティナーシステム」を搭載している。同システムでは、過去のデータを基にAIがクリエイティブ単位でCPAを将来予測。適切な配信設定や日予算を提案することでCPAの高騰を抑え、クリエイティブの持続可能性を高める。

【関連記事】
フェズの「Urumo」とFacebook・Instagramがデータ連携 広告接触からCVまで分析
Meta、InstagramとFacebookのリール機能を複数発表/リール動画が最長90秒に
Meta、FacebookとInstagramにおける広告トピックの管理機能をアップデート
電通と電通デジタル、東京大学AIセンターと「AI活用による広告クリエイティブ効果最大化」共同研究開始
リチカ、Facebook専用の動画広告フォーマットの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/05 14:00 https://markezine.jp/article/detail/40163

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング