SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Cookieレス時代のネット広告を考える~利用者保護とマーケティング成果を両立するために(PR)

CVポイントを2つ設定可能⁈真のCVに対して最適化するMeta最新機能PCOをコミックシーモアが検証

 これまでFacebook/Instagram広告では、「広告の表示もしくはクリックから7日以内に発生するウェブイベントに対して広告配信を最適化する」というロジックが取られていた。つまり、設定できるCVポイントは1つのみ。これは、Facebook/Instagramに限らず、他の媒体・プラットフォームでも一般的な前提条件であった。しかし、Metaから試験的に提供された最新機能「Post Conversion Optimization(PCO)」では、ひとことで言うと「CVポイントを2つ設定し、その両方に対して広告最適化をかけられる」。様々な業種業界で活用の可能性が大いにあるPCOについて、Facebook Japanの宮本氏とLin氏、機能をいち早く活用したNTTソルマーレの成瀬氏と堀田氏に話を伺った。

今年18周年の「コミックシーモア」がPCOをいち早く活用

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回はMetaから今後新しく提供される予定のソリューション「Post Conversion Optimization(以下、PCO)※1」をNTTソルマーレの「コミックシーモア」でいち早く活用した事例について、その詳細を伺っていきます。まずは、コミックシーモアのサービス概要をご紹介いただけますか?

成瀬:コミックシーモアは、取り扱い冊数が100万冊以上(2022年10月時点)と、圧倒的な品揃えを有する電子コミックサイトです。2004年のサービス開始から、今年18周年を迎えることができました。サイト内でどのコミックタイトルが一番人気かをお客様の投票で決める企画「電子コミック大賞」のほか、季節に合わせた企画、キャンペーンなど、オリジナルの企画を多数用意しており、1年中いつ来ても楽しめるようなサイト作りに注力しています。

MZ:コミックシーモアは、テレビCMからデジタルまで広くマーケティングコミュニケーションを展開しているイメージがあります。広告を展開する上で大切にしていることを教えてください。

成瀬:テレビCMをはじめとするブランディング向上の領域と、ウェブ・SNS広告がメインのダイレクトマーケティングの領域で連携を図りつつ、効果最大化に向けて進めております。中でも、私と堀田はダイレクトマーケティングのほうを中心に担当しており、同分野では出版社様よりお預かりしている素敵な作品を、より多くのお客様にお届けするために、作品の魅力を最大限に引き出して体験いただくことを大切にしています。それを実現するために、新しい広告プロダクトには積極的に投資・チャレンジをしています。

(左)エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社 販売推進グループ プロデューサー 成瀬昂氏(右)同社 同職 堀田愛美氏
(左)エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社 販売推進グループ プロデューサー 成瀬昂氏
(右)同社 同職 堀田愛美氏

Cookieレス、CAPIの導入・実装にもスピーディーに対応

MZ:新しい広告プロダクトにはどんどんチャレンジしていくというお話がありましたが、中でもMetaの提供する「コンバージョンAPI(以下、CAPI)」の導入・実装はかなり早かったと聞いています。

宮本:はい。そもそも日本でCAPIを提供し始めたのは、2020年秋ごろのタイミングでした。NTTソルマーレさんは2021年4月にCAPIを導入・実装されていて、同じ業界内で一番早い導入でした。

堀田:プライバシーの配慮に関する問題は、弊社だけでなく色々な業界・企業で注視されているところだと思います。安心安全な形でデータを活用できる仕組みということで、CAPIは非常に魅力的なソリューションであり、プライバシーへの配慮を最重視する考えのもと導入を決断いたしました。

★コンバージョンAPI(CAPI)とは

Metaが提供する、プライバシー保護とパフォーマンスマーケティングを両立させるためのソリューション。ブラウザを経由せず、広告主のサーバーからMetaのサーバーへとデータを直接やり取りすることができる仕組みとなっている。CAPIに関する詳細、活用事例は「Cookieレス時代のネット広告を考える~利用者保護とマーケティング成果を両立するために」の連載をチェック。

(※1)Post Conversion Optimizationは本提供前で、現在は一部の広告主に対してのみの限定的な機能となっている(2022年11月時点)

次のページ
注目のMeta新機能「Post Conversion Optimization(PCO)」とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Cookieレス時代のネット広告を考える~利用者保護とマーケティング成果を両立するために連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/28 11:00 https://markezine.jp/article/detail/40442

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング