SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

越境ECヒットランキング2022、高価格帯商品の売上が増加 円安の影響色濃く反映【BEENOS調査】

 BEENOSは、「BEENOS越境ECヒットランキング2022」を発表した。同ランキングは、同社の購買データより2022年の消費傾向を振り返り、「日本発、海外でヒットした商品」を紹介するもの。

 2022年の「商品ジャンル別ランキング」には、1位「ブランド腕時計」、2位「トレーディングカード」、3位「アニメのフィギュア」がランクイン。特に伸長したのは、1位「カメラのレンズ」、2位「オートバイのセキュリティグッズ」、3位「ブランド腕時計」と、高価格帯のジャンルが上位となった。ゴルフグッズやフィッシングリール、陶芸など趣味性が高いものが入っていることも特徴だろう。

越境ECランキング
越境ECランキング

 続いて本年、流通を伸ばした売れ筋のジャンルを見ると、高価格帯商品である「ブランド腕時計」「フィルムカメラ」「ゴルフグッズ」が挙げられる。

 海外市場において以前から人気もあったが、円安によって高額商品の割安感が強調されたことで消費が拡大する結果とった。

売れ筋商品ジャンル
売れ筋商品ジャンル

 上記で見られるように、2022年は円安が急速に進んだタイミングであることが要因で、高価格帯の商品が越境ECにおいて活発に取り引きされている。

 購入金額は全体で50.94%増加。購入UU、顧客単価もともに伸長した。為替が越境ECの流通に影響を与えていることがうかがえる結果となった。

【関連記事】
Loop Now Technologiesとテイラーアップが協業 顧客のライブコマース支援を強化
EC配送をカーボンニュートラル化するアプリの導入促進へ Sustineriが5社とパートナー契約
横浜市公式Instagram、開設から7年でフォロワー10万人突破   27%が海外在住フォロワー
トレンドExpress、約33億円の資金調達 さらなる海外展開に向けて投資強化
海外BtoBビジネスの実態、年間売上高「20億円以上」が2割強【ペイオニア・ジャパン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/16 09:00 https://markezine.jp/article/detail/40592

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング