SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

好きなアイドルグループに関する情報源/半数以上が「テレビ番組」と回答【LINEリサーチ】

 LINEは「好きなアイドルグループに関する情報源」や「購入したグッズのジャンル」などについて調査した。

主な情報源は「テレビ番組」「YouTube」

 男性・女性アイドルグループのいずれかの中で、好きなアイドルグループがいると回答した人を対象に、アイドルに関する情報源を調査。その結果、トップは「テレビ番組(56.1%)」に。2位は「公式YouTube」で40.2%、3位は「YouTube(公式以外)」で33.2%だった。

 性年代別に見ると、男性においては全年代で「YouTube(公式以外)」が上位3位以内に。一方、女性においては50代以上を除く全年代で「公式Instagram」が上位3位以内にランクインした。

推しにお金を使っている人は4割弱

 好きなアイドルグループがいると回答した人に、最近1年間でグループやメンバーに対しどの程度の金額を使っているのかを調べた。対象者全体におけるトップ回答は「0円(お金はかけていない)」で62%に。逆に、1円以上お金を使っている人は38%だった。

【クリック/タップで拡大】

購入したアイテム「オフィシャルグッズ」が7割超に

 好きなアイドルグループがいる人に、直近1年間で購入したグッズやアイテムのジャンルを聴取。その結果、トップは「オフィシャルグッズ(76.8%)」に。2位は「表紙を飾っている・特集が掲載されている雑誌(25.5%)」3位は「出演している作品(ドラマ/映画/舞台など)のDVD/Blu-rayや関連グッズ(24.6%)」だった。

【調査概要】
対象:日本全国の男女
時期:2022年10月1日(土)~10月3日(月)
有効回収数:54万1,129サンプル

【関連記事】
好きな女性アイドルグループ、総合1位は「乃木坂46」/若年女性はTWICEが人気【LINEリサーチ】
好きな男性アイドルグループ、2年連続「BTS」が総合1位/2位には「TOKIO」【LINEリサーチ】
若者の流行、ONE PIECEが1位!Splatoon・Ado・旅行が急上昇【LINEリサーチ調査】
全国旅行支援の認知率は約9割、「内容まで認知」は5割弱【LINEリサーチ調査】
2022年上半期の若者トレンド、男女ともに「SPY×FAMILY」が急上昇【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/17 16:15 https://markezine.jp/article/detail/40625

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング