SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルとOMO、垣根を超えたコマースを考える ECzine Day 2022 Winter開催!

 コマースビジネスに関する情報を発信するWebメディア『ECzine』が主催するイベント「ECzine Day 2022 Winter」が12月1日(木)にオンラインにて開催される。

 同イベントのテーマは「OMOとソーシャルコマース~垣根なきコマースを実現するための発想とテクノロジー~」。OMOは大前提として、Web3のような世界観を踏まえて垣根のないコマースを実現していくのか、2023年度に向け考える。

ECzine Day 2022 Winter
ECzine Day 2022 Winter

 プログラムはGrow up OMOとExplore Social&Liveの2ライン全16セッションが用意されている。

 Grow up OMOの基調講演ではヤフー データソリューション事業本部 事業戦略部 部長の野口真史氏が登壇。外部ビッグデータと企業・ブランドの自社データを掛け合わせることでどのようなメリットが生まれるのか、全社でデータを閲覧・分析・活用することで得られる発見について、事例とともに解説する。

 また、Explore Social&Liveの基調講演ではテテマーチ取締役の三島悠太氏が登壇。Z世代の生の声や実例を交えつつ、TikTokと相性の良い商材や訴求内容、運用時の注意点などを語る。

 他にも富沢商店、グリッド、アイレップ、ZETA、アマゾンジャパン等、多数企業が登壇予定。さらに事前登録のうえ、当日視聴した参加者の中から抽選で10名に、書籍『成果を上げるライブコマースの教科書双方向のやりとりで顧客の欲しいを引き出す新しいEC戦略』をプレゼントするキャンペーンも実施される。

【開催概要】
イベント名:ECzine Day 2022 Winter
日時:2022年12月1日(木)10:00~16:10
会場:オンライン開催
主催:翔泳社 ECzine編集部
参加費:無料(事前登録制)
申込期限:2022年11月30日13時
申込:https://event.shoeisha.jp/eczday/20221201

【関連記事】
越境ECヒットランキング2022、高価格帯商品の売上が増加 円安の影響色濃く反映【BEENOS調査】
空色、分散するオンラインコンテンツを集約しECサイト訪問客の興味関心に合わせて表示する新機能を提供
ecbeing、新会社ReviCoを設立 レビューやVOC・UGCを活用したマーケティング支援に注力
Loop Now Technologiesとテイラーアップが協業 顧客のライブコマース支援を強化
EC配送をカーボンニュートラル化するアプリの導入促進へ Sustineriが5社とパートナー契約

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/30 11:58 https://markezine.jp/article/detail/40671

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング