SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ノバセルがサービスコンセプトを刷新 広告投資に対する第三者監査サービス「オーディット」も提供開始

 ノバセルは、サービスコンセプトを「3rd AGENCY」に刷新。それにともない、広告主の広告投資に対する第三者監査サービス「オーディット」の提供を開始した。

 新たなサービスコンセプトには、クライアントのサービスがWeb上で指名検索されることを最重要指標に据え、第三者視点で適切な広告投資・クリエイティブ選定・メディアの買い付けなどを支援する事業会社発のビジネスパートナーを目指す意図が込められている。

 新たなサービスコンセプトを体現する具体的なサービスとして、オーディットの提供を開始した。開発にあたっては「ノバセルトレンド」や「ノバセルアナリティクス」などの効果分析ツールと、広告代理店事業で培ったノウハウを活用。オーディットは「CMメディアオーディット」「クリエイティブオーディット」「デジタルオーディット」の3つで構成する。

 CMメディアオーディットでは、他社のテレビCMの効果の可視化を通じてバイイングすべき広告枠を提案するなど、広告運用の改善を支援する。クリエイティブオーディットでは、テレビCMの広告効果が芳しくなかった場合に、要因分析から新戦略・新クリエイティブの策定、調査実施までを行う。

 デジタルオーディットでは、デジタル施策が適切に設計されているかを判断し、改善を提案。具体的には「YouTube動画を活用してテレビCMの補完ができているか」「テレビCM放映期間中のWeb流入データを可視化できているか」などを指摘し、テレビCM効果のWeb上での見える化、最大化をサポートする。

【関連記事】
ホットリンクとノバセル、テレビCM・タクシー広告とSNSを活用したBtoBマーケティング支援を開始
ホットリンクとノバセル、テレビCMとSNSマーケティングを組み合わせたサービスを開始
ノバセルが「ノバセルアナリティクス」の対象を拡張 TOKYO MXの放映分析が可能に
オトナル、データを活用したラジオ広告出稿ソリューションの提供を開始 プランニングや効果測定を支援
ラクスルとワタミ、チラシ配布の効果を可視化する実証実験を実施 動画広告による事前認知の有無で比較

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/07 13:45 https://markezine.jp/article/detail/40751

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング