SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

家計簿データで外食チェーンの動向を可視化して分析する「Zaimトレンド for レストラン」リリース

 12月21日、Zaimはオンライン家計簿サービス「Zaim」が所有する購買ビッグデータから、外食チェーンの市場動向、各チェーンの利用者数・客単価といった指標、利用者属性および行動などを可視化できる Zaimトレンドシリーズの第一弾として「Zaimトレンド for レストラン」の提供を開始した。

Zaim トレンド for レストランの概要
Zaimトレンド for レストランの概要

 同ツールは、外食チェーンの経営、意思決定を支援するもの。家計簿データを元に、競合も含めた各チェーンの「客数」「客単価」「来店頻度」といった経営指標を分析・把握できるデータ分析ツール。

 リアルタイムに記録される購買ビッグデータを分析し、Webサイト上で自社・他社のブランドスイッチなどを時系列で追うことが可能。さらに外食だけではなく、コンビニの惣菜やスーパーの購入といった内食、中食についても消費動向データを捕捉しているため、利用者の食行動の全般も分析ができる。

 これにより、比較対象となる他社の情報は、大まかな市場動向データや生活者の聞き取り調査からのみで、最適な施策を検討・実行しづらいという、これまで外食業界が抱えている課題を解決する。

 今後は、ドラッグストアやスーパーマーケットなど小売業界の市場動向を外食業界同様に分析できるサービスを順次リリースしていく予定。

【関連記事】
シスコとunerry、人流ビッグデータでショッパーの可視化やデジタル集客が可能に
LINE・ヤフー・PayPay、オンオフ横断した「マイレージ型販促プラットフォーム」を来春提供へ
消費者の購買動向はオムニチャネル化が加速 銀行はオンラインサービスの使いやすさ重視【アドビ調査】
東芝グループと伊藤忠テクノソリューションズが協業 レシートの購買データに基づく需要予測などを可能に
電通プロモーションプラスとフェズ、業務提携 購買データをもとにリテールメディア活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/23 09:00 https://markezine.jp/article/detail/40903

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング