SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東芝グループと伊藤忠テクノソリューションズが協業 レシートの購買データに基づく需要予測などを可能に

 東芝データと東芝テック、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は協業の上、東芝テックの電子レシートサービス「スマートレシート」と、CTCのデータ活用基盤の構築支援サービス「D-Native(ディーネイティブ)」のデータ連携を開始した。

協業スキーム全体図

 スマートレシートは購入した商品の明細レシートを電子化し、スマートフォンで確認できるようにするサービス。一方のD-Nativeは、ビジネス課題の洗い出しから解決策の提示、PoC支援、それらを支えるデータ活用基盤の導入までを支援するサービスだ。

 今回のデータ連携では、東芝データが利用者の許諾を得た上でスマートレシートの購買データを購買統計データとして処理。その後、D-Nativeにプリセットされている業界別のAI・機械学習テンプレートやユースケースと購買統計データを組み合わせる。これにより、需要予測や適正在庫の維持、解約分析、マーケティングや販促計画など、予測分析の基盤を提供。また、利用企業の保有データもD-Nativeに取り込むことで、独自の分析ユースケースの構築など、フレキシブルなデータ活用も可能にする。

【関連記事】
伊藤忠商事、「商い」の存在意義をテーマにした「暮らす。愛する。商いする。」キャンペーン展開
2022年の購買、購入金額は増加するも、購入点数が減少/若年層は昼型購買へシフト【東芝データ調査】
東芝データ、購買統計データ分析サービス「Data flip」提供 プロモーション活動の効果測定を支援
東芝とアクセンチュア、企業向けに温室効果ガス削減に関するコンサルティングサービスを開始
フェズの「Urumo」とFacebook・Instagramがデータ連携 広告接触からCVまで分析

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/02 10:45 https://markezine.jp/article/detail/40732

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング