SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

伊藤忠商事、「商い」の存在意義をテーマにした「暮らす。愛する。商いする。」キャンペーン展開

 伊藤忠商事は、同社が取り組む「商い」の存在意義をテーマにした「暮らす。愛する。商いする。」キャンペーンを展開する。

 同キャンペーンは「伊藤忠商事が見つめる世界・大切にしたい暮らしの在り方がどのようなものか」「その暮らしに愛情を持って寄り添い・商いの力で支えたい」といった、総合商社としての同社の思いと意志を届けるもの。6月24日の株主総会当日に掲載した新聞30段広告に続いて、7月22日に4種の新聞広告を掲載。特設サイトでは新CM「衣食住物語_2022夏」篇も公開された。同CMは7月23日から地上波でも放映開始する。

 公開されたキャンペーンステートメントは以下の通り。

朝、美味しいコーヒーを飲むこと。頼んだ荷物が予定に間に合うこと。

決まった時刻に飛行機が飛んでいくこと。一人で暮らす祖母の家の近くにコンビニがあること。

地球の裏側に新しい道ができること。目の前のひとの喜ぶ顔が見られること。誰かのために働けること。

当たり前のことが、ずっと当たり前であるように。

Dear LIFE 伊藤忠商事

 CMは「衣」「食」「住」の3篇で構成されており、ある街に暮らす人々の「夏」の物語が題材となっている。テーマは「当たり前に感じてしまうけれど、大切にしたい日々」。

 また、7月22日の新聞広告では、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞の4紙にそれぞれ異なる4種の新聞広告を掲載。伝えるテーマはCMと共通だが、新聞では「一日を時間と景色で切り取る」という表現を行っている。

【関連記事】
伊藤忠商事、CITICアプリと連携し訪日中国人向けマーケ事業を開始 第一弾はファミマでのクーポン配布
「DELISH KITCHEN」を運営するエブリー、伊藤忠食品と資本・業務提携
チーターデジタル、伊藤忠ファッションシステムと協業 クライアント企業の顧客ロイヤルティ戦略を推進
伊藤忠商事、ファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェント、広告事業に関する新会社設立
伊藤忠商事、ベルシステム24、ブレインパッドの3社が協業 対話をはじめとした非構造化データの整備へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/25 16:00 https://markezine.jp/article/detail/39522

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング