SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Z世代に聞く2022年のトレンド調査/「なにわ男子」や「silent」がランクイン【テスティー調査】

 テスティーは、25歳以下の男女1万1,221人を対象に2022年のトレンドランキングを調査した。

流行した有名人、トップは2年連続で「なにわ男子」に

 「2022年に流行した、もしくはよく見かけた有名人」を質問。その結果、トップは「なにわ男子」に。2位は「平成フラミンゴ」3位は「Ado」だった。なお、なにわ男子は2021年の調査でも1位を記録している。

 平成フラミンゴは、2021年の調査では6位だったが、2位にランクアップ。また、前回のトレンドランキングには名前のなかった「錦鯉」や「なかやまきんに君」などもトップ10入りした。

ジャンル不問のトップ3は「韓国系」「YouTube」「silent」

 「2022年に最も流行したと思うもの」を質問。その結果「韓国系(K-POP、ファッション、グルメなどすべて含む)」が1位だった。2位は「YouTube/YouTuber」3位は「silent(テレビドラマ)」という結果に。

2023年のトレンド予測 「鬼滅」「Aぇ! group」などの声が多数

 「2023年に流行すると思うもの、もしくは注目しているもの」をジャンルを問わず質問。その結果、アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」や「鬼滅の刃の新編」のほか、アイドルグループ「Aぇ! group」などが複数挙がった。また、20代男女では「投資」「つみたてNISA」「貯金」など、10代では見られなかった回答が多い傾向が見られた。

【調査概要】
方法:自社保有アンケートメディアアプリ「Powl(ポール)」によるインターネット調査
地域:日本国内
期間:2022年12月12日(月)〜2022年12月19日(月)
対象:1万1,221人(10代男女4,399人、20代男女6,882人)

【関連記事】
TikTokの楽曲再生数、1位は「チグハグ」に/楽曲投稿数の1位は「PAKU」【TikTok調査】
Z世代で「SPY×FAMILY」が流行/世代間ギャップ1位は「チグハグ」【サイバーエージェント調査】
メタバースの認知、70%を超える/課金総利用額は約3倍に【電通グループ調査】
2023年のヒット商品をAIが予測!「ヌビバッグ」「マルチグリドル」など【ヤフー調査】
認知から購入まで、オンライン接点が多い商品は「美容・コスメ」「ダイエット・健康」【電通デジタル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/27 08:45 https://markezine.jp/article/detail/40926

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング