SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SDGsに関連したWebニュースの推移を調査/アダストリアとヤマト運輸の協定やパラアートが話題に

 トドオナダは2022年11月26日(日)〜2022年12月25日(日)の期間中に公開されたWebニュースのうち、見出しに「SDGs」「ESG」「サステナビリティ」などの語を含む記事を調査し、パブリシティの傾向などを分析。その結果を発表した。

「SDGs」の語を含む記事は約8,000本に

 「SDGs」の語を含む記事は計7,849本が公開に。「ESG」を含む記事は1,076本、「サステナビリティ」を含む記事は6,571本に上った。

SDGs・ESG・サステナビリティ(サステナブル)を見出しに含む記事の推移【クリック/タップで拡大】

 調査期間中、アダストリアとヤマト運輸は、アダストリアのサステナブルなサプライチェーン実現に向けロジスティクスパートナーシップ協定を締結。この話題は『マイナビニュース』や『流通ニュース』『ネットショップ担当者フォーラム』『繊維ニュース』『環境ビジネスオンライン』など各社メディアで紹介された。

SDGsトレンドワードランキング、トップ3は美容クリニック関連

 またトドオナダはSDGsなどに関連した記事の中から、頻出のワードをランキングにして発表。トップは「パラアート」だった。2位は「TCB」3位は「東京中央美容外科」に。

「SDGs」トレンドワードランキング

 1~3位のワードは、TCB東京中央美容外科が支援する障がい者の芸術文化活動「パラアート」事業の話題だった。8位の「アワード」においては、年末に当たり、SDGsの達成に向けた取り組みの表彰が各地域で行われたことが背景にある。9位の「NFT」に関しては、渋谷区SDGs協会が子ども食堂の支援のためにNFT作品の無料配布を行う発表によるものだ。

【調査概要】
期間:2022年11月26日(日)〜2022年12月25日(日)
対象:見出しに「SDGs」「ESG」「サステナビリティ(サスティナビリティ)・サステナブル(サスティナブル)」の語を含む記事
方法:PR効果測定サービス「Qlipper」を活用し、収集した国内主要ニュースサイトのWebニュースのうち、調査対象の記事数や記事がツイートされた数などを集計

【関連記事】
生活者の時間帯ごとの行動、平日夜の21時30分に自由時間になる人が最多【CCCMK総研調査】
企業の販促課題、1位は潜在顧客の把握/Webの広告に関連する課題が上位に【DEECH調査】
Z世代がこの1年でよく買うようになったもの、1位は「推しグッズ」【LINE調査】
全国旅行支援の認知率は約9割、「内容まで認知」は5割弱【LINEリサーチ調査】
若者の流行、ONE PIECEが1位!Splatoon・Ado・旅行が急上昇【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/04 16:45 https://markezine.jp/article/detail/40936

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング