SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバイル端末シェア/日本ではApple、世界ではSamsungがトップ【アウンコンサルティング調査】

 アウンコンサルティングは世界40ヵ国を対象に、2022年12月時点のモバイル端末の主要OS・機種シェアに関する調査を実施した。なお、カッコ内の数字は2022年5月時点との比較だ。

日本のiOS利用者は6割超

 日本におけるモバイル端末の主要OSとその割合を調べたところ「iOS」は67.11%(+1.5%)、「Android」は32.76%(-1.5%)だった。一方、世界のOSシェアトップはAndroidで72.37%(+0.71%)、iOSは26.98%(-0.63%)という結果に。

【クリック/タップで拡大】

日本の機種シェアトップ2は「Apple」「Sony」

 日本における機種シェアトップは「Apple」。2番目に「Sony」が8.94%(-2%)で続いた。一方、世界の機種シェア1位は「Samsung」で27.38%(-0.64%)。2位は「Apple」で26.98%(-0.63%)だった。

世界の機種シェア、2022年にSamsungがAppleを逆転

 2016年12月からの、世界のモバイル機種シェアの推移を分析。2022年5月時点でAppleはSamsungに首位の座を譲っている。

【調査概要】
対象国:OECD加盟主要国を中心にアウンコンサルティングが抽出
対象期間:2016年12月~2022年12月
実施日:2023年1月4日(水)~20日(金)

【関連記事】
サイトへの月間検索流入数、上場企業3,909社の1位は「MonotaRO」【フルスピード調査】
Googleでの検索ボリューム、トップ3のワードはYoutube、天気、ヤフー【フルスピード調査】
決済手段に関する調査/利用率は「クレカ」78%「QRコード」62%「電子マネー」56%という結果に
2022年、最も検索数が上昇したのは羽生結弦/なにわ男子、SPY×FAMILYなども【ヤフー調査】
音楽の鑑賞方法、YouTubeなどの「動画共有サイト」が最多回答/2位は「テレビ」【ナイル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/02/09 18:30 https://markezine.jp/article/detail/41274

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング