SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イー三六五、Web関連のプレスリリース掲載サイト「みんなの告知板」オープン

 登録Web制作会社数が5,300社を超える「ホームページ制作マッチング」では、クライアントから自社サービスや自社商品などをアピールする場がほしいという声が寄せられていたという。

 今回開設された「みんなの告知板」(http://hp.submit.ne.jp/pr/Web)では、Web関するリリースは原則すべて掲載していくというスタンスで運営される。自社サイトのリニューアル情報やセミナー情報やキャンペーン情報など、他媒体では掲載されにくいニュースでも多くのWeb制作会社やクライアントへアプローチすることが可能となる。

 「みんなの告知板」への掲載は有料で、1ニュースあたり3,150円。1度掲載されるとバックナンバーとしてサイトにアーカイブされるほか、掲載情報はウェブマスター向けメールマガジン「週刊e-Report」(毎週木曜日:45,000通配信)にも掲載される。

【関連記事】
@Press、プレスリリースの原稿作成サービスと低価格配信プランをスタート 
「プレスリリース」は「ニュース」なのか?ネットメディアの現実
「gooビジネスEX」、プレスリリースなどのビジネス情報を大幅に拡充
プレスリリースのSEO効果に注目!アイレップ、2つのリリース配信サービスの販売を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/20 10:10 https://markezine.jp/article/detail/4176

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング