SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

サーチリフトは130%強!LIFULLに聞く、インターネットミームを活用したYouTube制作とは


 2022年後半から、LIFULL HOME'Sはインターネットミームを活用したYouTubeコンテンツを制作。2023年1月5日に公開した動画では、すしざんまい社長の木村清氏を起用し、話題となった。本記事では、同シリーズの詳細や結果について、LIFULLの執行役員 CCO(Chief Creative Officer)である川嵜鋼平氏に話を伺った。

「広告宣伝費だけに依存しない」マーケティング戦略

──今回はインターネット上でまねされ、広がっていく現象であるインターネットミーム(以下、ミーム)に着目し、話題となったシリーズについて伺います。まず、LIFULLではどのようなプロモーション戦略を立てていたのかお聞かせ願えますか。

川嵜:2023年の1~3月では、コーポレートのブランドコミュニケーション・LIFULL HOME'Sのマーケティングコミュニーション・LIFULL 介護のマーケティングコミュニケーションの3つが走っていました。マスターブランドである、コーポレートのブランドコミュニケーションと、サブブランドであるLIFULL HOME'SやLIFULL 介護のマーケティングコミュニケーションが、相互に支援と貢献がしあえる関係が生まれるようなマーケティング戦略を描いています。

 不動産業界にとって1月から3月は、広告出稿金額が最も大きくなるタイミングです。しかし、LIFULL HOME'Sでは広告宣伝費だけに依存しないマーケティング戦略を心がけています。

ミームを活用し、YouTubeコンテンツを制作

──今回のお取り組みの背景について教えてください。

川嵜:私達は、ユーザーの利用を増やしていくことにこだわっています。そのため、プロモーションでも「見た瞬間に、ユーザーさんがLIFULL HOME'Sを使いたくなる気持ちを作っていく」ことを心掛けています。今回もその取り組みの一環として企画しました。

──具体的に実施した、取り組み内容についてご教示ください。

川嵜:2022年8月27日に実施した第一弾では、メンディー兄貴の日体大コールのミームを活用して「もったいないコール」の動画を企画制作しました。実際にメンディー兄貴と、その動画に出演していた方々に来ていただき、「LIFULL HOME'Sも見ないのもったいない」と日体大コールの動画をオマージュする形で撮影・編集しました。

もったいないコール ホームズ見ないで決めるなんて篇
もったいないコール ホームズ見ないで決めるなんて篇

川嵜:第2弾では、2023年の初競りのタイミングで、すしざんまいの木村社長を起用し「お寿司で例えてみました」篇という動画を配信しました。この動画では、ニュース番組の中で木村社長の「お寿司と言えばすしざんまい」がカットされてしまった場面のミームを活用し、「LIFULL HOME'Sも使ってみてください」というメッセージが伝わる内容にしました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
YouTubeのミームに着目した理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

齋藤 ゆう(編集部)(サイトウ ユウ)

大学卒業後、広告代理店に入社しマーケターに。その後、事業会社に転職。金融・美容分野のマーケティング・企画・運営・セールスに携わる。2020年、翔泳社に入社しMarkeZine編集部に所属。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/12 09:13 https://markezine.jp/article/detail/41904

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング