SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2023 Spring

Z世代へのN1分析でヒット商品を創出!ミズノが取り組んだ、顧客起点のマーケティング改革とは

 総合スポーツメーカーのミズノは、野球用品におけるリブランディング施策を実施。訴求対象である高校生へのN1分析を行い、顧客起点のマーケティング改革によってスパイクやミットなどヒット商品を生み出した。MarkeZine Day 2023 Springでは、この取り組みを立ち上げた同社のダイアモンドスポーツ事業部 デジタル戦略担当 横山氏が登壇。実際に施策をどのように進めたかを紹介した。

ミズノが取り組んだ、野球用品のリブランディング

 MarkeZineDaySpring2023で「ミズノに学ぶ、顧客起点のマーケティング改革 Z世代向けリブランディングでヒット商品が生まれるまで」と題し講演を行ったのは、ミズノ ダイアモンドスポーツ事業部でデジタル戦略担当を務める横山加奈氏。

 同事業部は野球・ソフトボール用品を扱う部署であり、グラブ・バット・スパイク・ユニフォームなどに加え、球団のユニフォームといった権利品なども手掛けている。

ミズノ ダイアモンドスポーツ事業部 デジタル戦略担当 横山 加奈氏
ミズノ ダイアモンドスポーツ事業部 デジタル戦略担当 横山 加奈氏

 同セッションで横山氏は、スパイクおよびミットのZ世代に向けたリブランディング事例を紹介。取り組みの結果、売り上げが大幅に上がりミットは店頭からなくなるほど話題になったという。横山氏はこの事例を、「取り組みに至った背景」「顧客分析」「リブランディング施策」の3つに分けて解説した。

「万能」というイメージゆえに差別化が図れない

 スポーツ用品の市場の中でも、野球・ソフトボール用品のカテゴリーでは高校球児が特に重要なターゲット層となる。しかし、2010年のデータでは全国で約17万人いた高校硬式野球部員が、2022年時点では13万人程度にまで減少。右肩下がりが続いている状況だ。

 これに対し、横山氏らはコンサルティング会社への相談やオンラインサロンの立ち上げ、アプリのリリースなど様々な手を打ってきたそうだ。その中で横山氏が自社のマーケティングの特徴として捉えたのは、次の3点。

 まず1つ目は、マーケティングの大部分をBtoBの施策が占めているという点だ。ミズノというとBtoC企業のイメージを持たれがちだが、実際は小売店や大型ショップをはじめとしたBtoBが中心とのこと。そのためBtoCのマーケティングにあまり注力できていない、という点は課題でもあった。

 2つ目は、マーケティングでは「シャワー効果」をメインの手法に据えて実施していたこと。同手法は、プロ選手など業界の著名人に商品を利用してもらい、その姿に憧れるユーザーに訴求していくトップダウン型のアプローチだ。

 そして3つ目は、ミズノが「万能」「伝統」といった企業イメージを持たれていることだ。すべての商品が良質であるがゆえに、商品ごとの特徴が少ないものもあったという。「たとえばミズノのシューズだったら『軽いよね』『ミズノのグラブって硬いのに取りやすいよね』といった、機能的なイメージを作っていかなければならないと考えました」と横山氏。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
6つのステップで顧客起点のマーケティング改革に着手

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2023 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/08/02 08:00 https://markezine.jp/article/detail/41991

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング