SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

アソビュー録:顧客起点マーケティングの実践例

「N1をやっていなかったら、今、うちはなかったかもしれない。」アソビュー宮本×西口一希対談

 全3回にわたり、アソビュー 専務執行役員CSMO 宮本武尊氏による連載「アソビュー録:顧客起点マーケティングの実践例」を掲載した。ここには、“顧客起点”の意識を持つことで、アソビューはどのように変わっていったかが、ありありと書かれている。これに合わせて、3年以上アソビューのコンサルティングに従事してきた西口一希氏と宮本氏との対談を行った。西口氏からの視点も交えて、アソビューのマーケティングに起きた変化を振り返っていく。

「WHO」の修正から始まった、アソビュー!の顧客起点マーケティング

MarkeZine編集部(以下、MZ):西口さんは、2019年からアソビューの経営・マーケティングのコンサルティングをされています。当初、アソビューのマーケティング状況を、西口さんはどう捉えられましたか?

【左】株式会社Strategy Partners 代表取締役/M-Force株式会社 共同創業者 西口一希氏【右】アソビュー株式会社  専務執行役員 CSMO 宮本武尊氏
【左】株式会社Strategy Partners 代表取締役/M-Force株式会社 共同創業者 西口一希氏
【右】アソビュー株式会社  専務執行役員 CSMO 宮本武尊氏

西口:最初は、代表の山野さんから、将来的なビジョンも含めて色々なお話をうかがいました。その中で、お客様のイメージについても話を聞いたのですが、なんだかよくわからなかったんですね。顧客像がイマイチわからない、というのが僕の正直な印象でした。

 当時、アソビュー!は、20代男女に向けて様々な“遊び”の選択肢を提案していこうとしていました。つまり、ここ(20代男女)が中心の顧客層だと考えられていたわけです。

 ですが、僕は、「念のために、実際にどういうお客様がアソビュー!を使っているのか/長期的に使い続けて下さっているのはどういう方かを見ていきましょう」という風にお話ししました。あとは、「顧客起点マーケティングは経営者が率先してやるべきです」という話もさせていただきましたね。

宮本:スタートの時点で西口さんから大量の宿題を課されまして。アソビュー!の本当のロイヤル顧客は誰なのか、様々な切り口のデータを用意し、分析結果を西口さんに提出することから、まず取り掛かりました。

西口:そこでわかったのが、実は、20代男女よりも、小さなお子様をお持ちのファミリー層のほうがサービスの利用頻度と利用継続性が高いということです。たしかに、ざっとデータを見ると、20代男女がサービスをよく使ってくれているように見えるのですが、累計で事業に貢献しているのは、ファミリー層だということがわかったんですね。この時点で、アソビュー!のみなさんの大きな認識違いが一つ修正されたと思っています。

宮本:データを見た時に西口さんが「(20代男女より)ファミリー層なんじゃない?」とおっしゃって。「え、本当ですか?」と、みんな半信半疑でした。たしかに、ファミリー層はサービスの利用頻度が多い傾向にあったのですが、比率としては少なかったので、いわゆる“外れ値”として見ていたんです。私も代表の山野も、BtoBビジネスではお客様一人ひとりに対しての価値提供・課題解決が重要だという認識を持っていたのですが、BtoCのビジネスについては、かなり平均的に考えてしまっていたなと今振り返って思います。

アソビュー!の顧客起点マーケティング事例の詳細は、アソビュー 専務執行役員 CSMO 宮本武尊氏による全3回の寄稿「アソビュー録:顧客起点マーケティングの実践例」で公開しています

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
見よう見まねでN1インタビューを開始、すぐに大きな変化が

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
アソビュー録:顧客起点マーケティングの実践例連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/01 08:00 https://markezine.jp/article/detail/42201

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング