SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

リクルートのマーケターに聞く、キャリアと組織のギモン

専門知識がなくてもやっていける?ゼロから始めるマーケターのキャリア


 異業種からマーケティング職へとキャリアチェンジをする場合、どういったことを行い、どういった適性やスキルがあればいいだろうか。本記事では、キャリアチェンジを経てマーケターとなった2人が、これらを通して見えてきたことを語った。

マーケティングの知識ゼロで異動

──自己紹介をお願いできますか。

吉賀:私はリクルートに新卒で入社して3年間、新卒採用人事に携わりました。そのあと社内の手上げ異動制度「キャリアウェブ」を利用して、マーケティングの部署に異動してきました。2022年の10月から、CRMのチームリーダーをしています。

川島:私も新卒でリクルート(当時のリクルートライフスタイル)に入社して、新卒採用担当を1年半経験しました。私は自分から異動を希望したわけではありませんが、マーケティングの部署に配属になりました。そこで、「じゃらんゴルフ」や「じゃらんレンタカー」などのCRMを担当したあと、チームリーダーも経験。2021年10月に「Air ビジネスツールズ」を扱うSaaS領域の部署に異動して、グループマネージャーをしています。

──マーケティングに興味を持った理由を教えてください。

吉賀:定量的な見方と定性的な見方、両方ができる仕事をしたいと思っていたのですが、それがかなうのがマーケティングでした。定性的な見方は今まで培っていたので、定量的な部分を鍛えたいと思っていました。具体的なスキルとしては、データで物事を明らかにしたり、課題を改善したりすることですね。

──マーケティングの知識は、もともとあったのですか。

吉賀:ほとんどゼロでした。最初は「CRM」が何かさえ、わかりませんでした。

川島:私はプログラミングの経験があったので、ほんの少しだけ知識はありました。でも、業務で使うSQLなどの経験はなかったため、ほぼゼロと言ってもいい状態でしたね。

株式会社リクルート マーケティング室 SaaS領域マーケティングユニット SaaS領域マーケティング1部 SaaSマーケティング2グループ マネージャー 川島 穂高氏
株式会社リクルート マーケティング室 SaaS領域マーケティングユニット
SaaS領域マーケティング1部 SaaSマーケティング2グループ
マネージャー 川島 穂高氏

ステークホルダーが多いほか、用語を覚えることに苦労

──異動後、苦労した点はありましたか。

吉賀:たくさんあります。たとえば、理想像を描いてから現状を分析し、課題解決の方法を探る考え方は、マーケティング部に異動してからより強く意識するようになりました。

 採用人事でも、理想と現状とのギャップから打ち手を考えることはありました。しかし異動後はその考えをより深く、広く、精度を上げて行う必要があり、慣れるのに手間取りましたね。あとは社内やお客様を含め、たくさんいるステークホルダーの視点を網羅して理解しなければならないことです。

川島:ステークホルダーが多いのは、本当にその通りですね。その人たちがどんな仕事をしていて、どう連携していけばいいのか、最初はまったくわかりませんでした。

吉賀:専門用語をはじめ、マーケティングの基礎知識もないので、ステークホルダーの情報をキャッチアップするのにも時間がかかりました。

川島:難しいと思ったのは、「ロマンとソロバン」を常に考え続けることです。お客様目線だけを重視していると、費用対効果が悪くてビジネスとして成り立たないことがあります。以前いた採用の現場では有望な学生さんをいかに採用するかが第一で、ビジネスに求められる厳密なコスト意識はあまりありませんでした。

──どのように克服したのでしょうか。

川島:ステークホルダーの仕事内容を把握するために、異動後はしばらく、色々な人をランチに誘っていました。

 それぞれの現場でアウトプットが違っていても、思いはみんな同じだということがわかり、仕事がしやすくなりました。結局は、ステークホルダーの仕事内容を理解し彼ら・彼女らの視点を取り入れながら、自分でとことん考え抜いてやっていくしかないと悟りましたね。

吉賀:私も考えた施策の素案などを、それぞれのレイヤーの人に見てもらって、フィードバックを受けて自分の視点を増やしていきました。

 あとは専門知識不足を解消するためには、とにかく手を動かすことですね。研修や領域横断の勉強会などで知識を深めました。何よりマーケティングで使う各種ツールを自分の手で動かすことで、実データを見ながらデータ分析や集計、可視化などのスキルをつけることができました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
成功した体験がやりがいに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
リクルートのマーケターに聞く、キャリアと組織のギモン連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/07/19 18:44 https://markezine.jp/article/detail/42247

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング