SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ショート動画を通じた商品購入の経験/「ある」と回答した人は3割強に【MMDLabo調査】

 MMDLaboは、18~69歳の男女7,000人を対象に「ショート動画とコマースに関する調査」を実施。なお、ショート動画サービスについては「YouTube ショート」「Instagram Reels」「TikTok」「LINE VOOM」「Likee」を調査対象とした。

最も視聴されているのは「YouTube ショート」

 一部の対象者(※1)に各サービスの利用状況を質問。「視聴している(※2)」と回答した人が最も多かったサービスは「YouTube ショート(38.5%)」に。2番目以降に「Instagram Reels(23.1%)」「TikTok(20.6%)」が続いた。

※1 「ショート動画を視聴できるデバイスを所有しているか」との質問に「所有している」と回答した6,610人
※2 「視聴のみしている」「視聴も投稿もしている」と回答した人の合計割合

3割強が動画を通じて商品購入したことが「ある」と回答

 ショート動画を視聴している人(n=3,210)を対象に「ショート動画を視聴して商品を購入したことがあるか」を聴取。その結果、32.2%の人が「購入したことがある」と回答した。

 この結果を性別で見ると、男性(n=1,671)で「購入したことがある」と回答した人の割合は34.8%、女性(n=1,539)では29.4%だった。

購入した商品ジャンルのトップは「食品」

 ショート動画を視聴して商品購入したことがあると回答した人(n=1,035)を対象に、購入した商品のジャンルを聞いたところ「食品(30%)」がトップに。2番目以降に「雑貨(23.7%)」「化粧品(23.2%)」が続いた。この結果を性別で見ると、男性(n=582)では「食品(30.2%)」がトップだった一方、女性(n=453)においては「化粧品(36.6%)」が最多だった。

【調査概要】
期間:2023年3月17日(金)~3月20日(月)
有効回答:7,000人 ※人口構成比に合わせて回収
方法:インターネット調査
対象:18~69歳の男女

【関連記事】
国内OTT視聴者、4,000万人に到達/6割が広告付き動画を利用【The Trade Desk調査】
テレビ画面におけるコンテンツ視聴時間、34歳以下はインターネット動画が約3割に【ニールセン調査】
Z世代の6割以上がYouTuberの動画を毎日視聴 人気のジャンルは「エンタメ」【otalab調査】
生成AIの使用経験「あり」と回答した人は14.9%/使用経験者の最も多い職業はエンジニア/ナイル調査
約4割が今後1年もオンラインで習い事を受けると回答 半数以上が生活変化を実感【CCCMK総研調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/18 08:15 https://markezine.jp/article/detail/42261

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング