SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大広(中国)広告ら、中国市場への参入支援サービス「China Launch Drive」を提供開始

 大広(中国)広告 上海数字科技分公司(以下、DAIKO iDrive China)と日本バイヤー連盟は戦略的パートナーシップ協定を締結の上、企業の中国市場進出や新商品ローンチを支援するサービス「China Launch Drive」を提供開始する。

China Launch Driveのサービス概念図(一例)

 DAIKO iDrive Chinaは大広の中国グループ拠点である大広(中国)広告が設立し、EC販売やデータ分析・デジタルマーケティングを専門とする支援会社。一方の日本バイヤー連盟は、展示会やライブコマースなどを通じて中国市場における日本製品の販促支援などを行っている団体だ。

 今回提供を開始するサービスでは、DAIKO iDrive China が持つ中国市場における商品販売・PRの知見と、日本バイヤー連盟が保有する中国向け販売チャンネルを融合。中国市場への参入を予定している企業に対して、バイヤー向けの展示会やセミナーの開催などを支援するほか、中国・日本在住の連盟所属バイヤーを介した越境販売テストや、インフルエンサーによる商品PRなどもサポートする。

【関連記事】
大広グループ、中国越境EC支援サービス「Direct to China」を提供開始
マイクロアドと上海東犁、訪日中国人観光客向けのパッケージを開発 アクティブシニアへのアプローチを実現
アリババ、海外ブランドの中国市場での越境ECにおける「4つのトレンド」を発表
中国生活者のキーワードは「運域生活」、博報堂生活綜研(上海)が「生活者“動”察 2022」発表
博報堂DYHDら3社、アジアのクロスボーダーマーケティング支援を開発 第一弾は中国が対象

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/23 11:15 https://markezine.jp/article/detail/42310

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング