SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2006年に最も支持されたサイトは? 「WEB of the YEAR 2006」発表

 ユーザー投票でその年の人気サイトを決める「WEB of the YEAR 2006」の受賞サイトが決定し、投票結果の一部(1位から3位まで)がサイトで公開された。『Yahoo! Internet Guide』誌(ソフトバンク・クリエイティブ発行)が主催しているこの賞は、今年で11年目。投票には5万人に近い人が参加した。

 ベストサイトに贈られる「年間総合大賞」を受賞したのは、ユーザーが自由に編集に参加できるオンライン百科事典「ウィキペディア」。「話題賞」には、1位「YouTube」、2位「やわらか戦車」、3位「mixi」がランクイン。「新人賞」には、1位「イザ!」、2位「ナップスター」、3位「Yahoo! Days」が入賞した。

 11年目の今年は「部門賞」が大きく変更され、「ウェブ情報源」(1位「ウィキぺディア」)、「ブログサービス」(1位「Ameba by CyberAgent アメブロ」)、「地図」(1位「Googleマップ」)といった部門が新設された(カッコ内は2006年の1位受賞サイト)。

 ちなみに、1996年の記念すべき第1回の「年間総合大賞」は、「とくとくページ」が受賞している。

「WEB of the YEAR 2006」投票結果発表

「WEB of the YEAR」(1999~2005年の投票結果アーカイブ)

「WEB of the YEAR 2006」投票ページ(1996年の第1回から2005年までの大賞受賞サイト一覧を掲載)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:47 https://markezine.jp/article/detail/430

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング