SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2023 Autumn

1,000件以上のリードを創出!最後発でも結果を出したチーム・ヤマハのBtoB新規事業開発の軌跡


 FA(ファクトリーオートメーション)を主軸の一つとするヤマハファインテックは、新たな事業の柱を打ち立てるべく、音響や楽器などを提供するヤマハとタッグを組み、新規事業の開拓を開始。結果、Webからの問い合わせ数100件超、1,000件以上のリードを創出した。最後発でありながら何故結果を出すことが出来たのか、MarkeZine Day 2023 Autumnに登壇したヤマハの金氏、そしてヤマハファインテックの長畑氏が解説した。

最後発からマーケティング戦略で需要を創出

 ヤマハファインテックはヤマハの楽器の量産を支える自動化技術を用い、電子機器メーカーや自動車メーカーに向けて電気検査や漏れ検査のソリューションを提供してきたBtoB企業だ。持続的な事業成長を図るために、超音波で食品包装用ヒートシール不良を検出する超音波検査機「ウルトラソニカ」を開発。新規の参入を計画した。

 しかしシール検査市場は既に寡占市場であり、かつ、BtoBtoB領域特有の商品提供側と購買側での情報の非対称性がボトルネックとなった。いわゆる「1人マーケター」として新規事業開拓を担当することとなった長畑氏はフィールドセールスに頼った地道な開拓以外の方法を模索するため、長年のマーケティング知見を持つグループ内のヤマハへ協業をもちかけた。

ヤマハファインテック株式会社 FA事業部 FA営業部 長畑 渓心氏
ヤマハファインテック株式会社 FA事業部 FA営業部 長畑 渓心氏

 組織横断のプロジェクトとして、まずはマーケティング研修が行われた。具体的には、アイディエーションを実施。ウルトラソニカの価値は何か、ユーザーの何を解決し実現するか考えた。ヤマハファインテック側からは様々なレイヤーのステークホルダーに参加してもらうことで、目線合わせと連携の強化を狙ったという。

 アイディエーションでウルトラソニカのポジションや価値を定義したが、あくまでも自社内で考えたものにすぎない。リサーチツールを活用して、自社の顧客業界マップの作成など地道に分析を行った。また、推測も含めながら隣接する市場を掘り下げていき、競合他社のオーガニック検索などのWebトラフィックの分析や検索キーワードの分析やSEO対策、さらにヤマハファインテック内で購買・営業担当者の社内インタビューを実施し、多くのデータを組み合わせて戦略立案を実施した。

「マーケティング研修を兼ねたアイディエーションに加えて、自社の強みやヤマハが狙うべきターゲットとコアバリューを定めていきました」(金氏)

手探りで情報の棚卸しとリサーチのフローを整備した結果

 ヤマハといえば楽器や音楽教室が浮かぶとおりメイン事業はBtoCだ。BtoBに向けてマイクなどの販売はしているが、産業用設備の戦略立案は初めてだった。そのため、狙うべき市場がどういったものなのか、当初はまったくわからなかったという。そこで金氏は情報を棚卸しし、リサーチのフローの手順を整備した。

ヤマハ株式会社 ブランド戦略本部 コーポレート・マーケティング部 CXマーケティンググループ アシスタントマネージャー
ヤマハ株式会社 ブランド戦略本部 コーポレート・マーケティング部 CXマーケティンググループ アシスタントマネージャー 金 成典氏(※所属は2023年9月時点)

 包装シール市場の情報をどう取るのか?各ステークホルダーの情報を集め、自社の最終的に目指すポジションはどこか、現場のヤマハの想定している顧客に整合性があるか、調査でそれをどうクリアにするかを突き詰めていった。

「BtoBtoBの真ん中のBを狙うべきではないか」と仮定し、どのような顧客に最終的にリーチしたいのか、データや数値を加味して明らかにしていった。ヤマハにしかできない価値の見せ方は何か、自社の強みをどう明らかにしていくかをまとめていくと、BtoCマーケティングにおいては定石である3CとSTPという基本的なフレームワークに帰結したという。

次のページ
他社との差別化を図るクリエイティブ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2023 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

西原 小晴(ニシハラ コハル)

 京都府立大学農学部出身。前職は大手印刷会社にて化学物質管理のシステム開発&管理者。退職後、化学・建設・環境法規制などの知識を活かして大手企業のライティングを行う。現在はリードナーチャリング、セールスライティングをメインとするマーケターとして活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/20 10:11 https://markezine.jp/article/detail/43640

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング