SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【特集】本格AI時代到来 広告・マーケティング業界の行方

AIで変わる仕事、変わらない仕事:AIが最大限の力を発揮できるよう環境をいかに構築するか

 「AIで変わる仕事、変わらない仕事」というテーマで、業界の3人の有識者に話を聞いていく本企画。1人目は、FacebookJapanの鈴木大海氏にインタビューしました。デジタルマーケティングやプラットフォームの領域で豊富なキャリアを有する同氏には「AI×広告最適化」をテーマに、これからデジタルマーケターに必要になってくることをうかがいました。

※本記事は、2023年10月刊行の『MarkeZine』(雑誌)95号に掲載したものです

AIによる効率化・最適化の恩恵を受けるには

──この1年ほどAI関連の話題が急沸騰しています。鈴木さんはこの様子をどのようにご覧になっていますか?

 Metaの立場からお話しさせていただきますと、特に生成AIに対する注目が昨今高まっていますが、Metaではこうした流れになる前からAIの分野においてはかなり先駆けて投資を行ってきました。FacebookやInstagramのアルゴリズムはもちろん、そのプラットフォーム上でご提供している広告事業にもAIを活用する流れは以前からあり、また2013年にはAI研究のラボ「Fundamental AI Research(以下FAIR、旧称Facebook AI Research)」を設立しています。FAIRでは、AIのゴッド・ファーザーとも呼ばれるMetaのチーフAIサイエンティストのヤン・ルカンを中心に、AI活用に関する基礎的な研究を行っており、大規模な投資を続けてきました。

 こうした経緯もあり、現在のこのAIに対する注目の高まりは我々にとって追い風であると捉えています。

──より高度なAI活用が進んでいくと、広告運用やデータの分析・活用など、いわゆるデジタルマーケターの業務や役割はどのように変わっていくでしょうか?

 広告の世界では、「Right Person/Right Message/Right Place/Right Timing」というような表現がありますよね。広告の最適化に向けてこれら一つひとつを事前にプランニングし実行するプロセスが、とても大事にされてきたと思います。

 昨年、Metaは新しい広告ソリューション「Meta Advantage」を発表したのですが、これは広告最適化のプロセスを自動化し、かつ広告効果の向上にも寄与するものです。最適化や効率化のようにAIが得意な分野に関しては、Meta Advantageに限らず、AIに任せることが重要だと考えます。

 ただ、そのAIが最大限に効果を発揮できる環境を用意するのは人が行うべきことです。たとえば、AIを活用して広告配信の最適化を図るとき、「何が正しかったのか」という正解(コンバージョン)のデータをAIに教えてあげることは非常に重要です。そうでなければ、AIの最適化や分析の結果が正しくないものになってしまう可能性があります。プライバシーに配慮し許諾の取れたデータを収集し、それをきちんとCAPI(Conversion API)などのソリューションを使ってAIに送る。その上で、正しいマーケティングの意思決定を行うといったことが、これまで以上に重要になっていくのではないかと思います。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
大局を読める力を身に付けよ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【特集】本格AI時代到来 広告・マーケティング業界の行方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/25 09:30 https://markezine.jp/article/detail/43854

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング