SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DeNA、スマホで使える「リアルタイム音声変換AI」開発 エンタメや社会課題領域など幅広い活用に期待

 11月10日、ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、スマートフォンでリアルタイムに音声変換が可能な「リアルタイム音声変換AI」を開発したことを発表した。

 リアルタイム音声変換AIは、音声を受け取るAIと変換音声を出力するAIのペアがリアルタイムで動くようにチューニングし実現したもの。今回、AIを動かすための計算量を小さくする技術を同社が独自開発したことで、高品質かつ低遅延(100ミリ秒未満)、低コストでスマートフォン上での動作が可能となった。

 同技術は、スマートフォン上で動作するため、プラグイン形式で様々なサービスのアプリやプロダクトに組み込むことができる。

 また、ビジネスニーズに応じて新たな種類の声を追加することも可能。たとえば、エンターテインメント領域において、VTuberを支援するソリューションになりえたり、ゲームチャットにて年齢や性別を秘匿することでプレーヤーを悪意から守ったりもできる。さらには、企業の電話対応や館内放送などにおいて目的に応じて最適な声を用いることができ、日々のユーザー体験をより良くするための活用なども考えられる。

 将来的に、同社は、声が価値となるプロダクトを運営する企業・個人に対するサービス化も視野に入れて事業を推進していく予定だ。

【関連記事】
TOWとDeNA、プロモーションにおけるAI技術の活用を推進するプロジェクトを発足
オトナル、スマホゲームの音声広告「GainAds」を開始 ユーザーはゲームを中断せずに広告接触が可能
サニーサイドアップとVoicy、パートナーシップ契約を締結 音声を活用したソリューション開発へ
オトナル、音声配信プラットフォーム「stand.fm」の運用型音声広告を販売開始
博報堂DYMPとオトナルが資本業務提携 デジタル音声広告事業の推進を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/14 08:30 https://markezine.jp/article/detail/44088

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング