MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【デジカメ撮影術】プロに学ぶいい構図の作り方

2008/07/10 11:00

 普段、「このへんかな」と感覚で行っているズームレンズの操作。実はこれ、不要なものを削除したり、必要なものを足したりという、画面構成の作業なんです。本当にかっこういいところで「このへんかな」ができるようになる、プロのノウハウを伝授します。【バックナンバーは こちらから!】

不要なものを削除して画面を作る

 目に映るすべての場面を、そのまま撮影することは稀(まれ)です。多くの場合、ある一部分を「撮影する対象」として設定し、そこから不要なものを削除して、画面を構成していきます。画面構成をたとえて、「写真は引き算、足し算」と表現したりしますが、この作業が「引き算」に当たります。

 たとえば、ズームレンズを使い、少しずつ被写体に寄っていく行為がそれにあたります。フレーム内にある不要なものを削除し、画面を整えているわけです。

 では、具体的に「引き算」で、画面を構成する方法を説明しましょう。まずは大雑把に、目に映る場面から被写体となる部分を決め、フレームに入れます。大まかなフレーム位置が決まったら、さらに画面の隅々までチェックし、不要なものがあれば、フレームに入らないよう微調整します。

 時間をかけて撮影できる場合は、じっくりと考えながら、省くものを決めます。何か1つ省いただけで、写真の印象が大きく変わる場合も、少なくありません。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5