SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BEAMS、2023年冬のバーチャルマーケットに出店 原宿のリアル店舗と連携しイベントや接客を実施

 ビームス(以下、BEAMS)は、HIKKYが2023年12月2日から12月17日まで開催するVRイベント「バーチャルマーケット 2023 Winter」にバーチャルショップを出店。BEAMSの本拠地である原宿の街並みをバーチャルに再現し、実店舗「ビームス 原宿」を模したショップが登場する。

 バーチャルショップではVR専用デザインのアバター衣装を展開し、これまで発表した商品と合わせて9着の3D衣装の試着が可能に。表示される調整パネルを操作することで、体の部位ごとに衣装のサイズや位置を調整できる。衣装は創作物の総合マーケットプレイス「BOOTH」のBEAMS公式ショップで販売する。

 店内1階のランウェイでは、バーチャルモデルたちによるファッションコンテストを開催する。ユーザーが自身のアバターでウォーキングとポージングを体験することも可能だ。

 また実店舗の「ビームス 原宿」では、社員約40名がバーチャル接客を実施。渋谷・原宿の街中で複数のイベントが開催される「バーチャルマーケット2023リアルinシブハラ」に合わせたリアルイベントも店内で実施予定だ。

 なお、BEAMSバーチャルショップはソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」内ワールド「Virtual Market Parareal Shibuya&Harajuku」にて、各種VR機器を使用したVRモードおよびデスクトップモードとしてWindows PCからアクセスできる。

【関連記事】
累計800人以上が受講したMarkeZineの人気講座がオフラインで登場!【12月開催】
ビームス、アートとカルチャーの強化を図る「BEAMS CULTUART」開始 一環でNFT商品を発売
原宿竹下通りに大型ビジョンを新設し、3Dデジタルアートの放映を開始  第一弾はBEAMS
BEAMS、VRイベント「バーチャルマーケット」に出店 拠点を増設し約50名の社員がバーチャル接客
NEC、メタバース上にバーチャルエクスペリエンスセンターを開発 没入体験型のXRコンテンツを実装

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/27 17:15 https://markezine.jp/article/detail/44229

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング