SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYグループ、AI研究所の設立を発表 生活者と社会を支える基盤となるAIの構築を目指す

 2月19日、博報堂DYホールディングスは、「Human-Centered AI Institute(ヒューマン・センタードAIインスティチュート)」を4月1日に設立することを発表した。

 Human-Centered AI Instituteは、生活者と社会に資する人間中心のアプローチによるAIに関する先端研究や技術開発を行う研究所。AIによる効率化の研究開発や、人のクリエイティビティを刺激し創造性を引き出すAIの探求を行う。また、先端技術、応用技術の研究を進めることで、「生活者と社会を支える基盤」の構築を目指す。

 同組織の代表には、大手コンサルティング会社などでAI領域を束ねてきた森正弥氏が就任。同氏は同社のChief AI Officerにも就任予定だ。

 同研究所は今後、同社グループ内の各組織で行っているAI開発や事業と協働し、高品質かつ信頼性の高い先端AI技術の研究開発・導入と活用、それに向けたビジネス変革の支援を行う。加えて、同社グループ全体のAIケイパビリティの向上およびAI実装力の最大化にむけて、外部パートナーとのアライアンス強化なども進める。

【関連記事】
アイレップとDAC、2024年4月に統合へ 博報堂DYグループのリソースを集約した新会社を設立
博報堂DYMP、複数の広告プラットフォームとテレビCMを横断し来店効果を可視化
AIリスキル、出演者をAIアバター化した動画制作サービスをリリース 内製化支援も提供へ
アイレップ、「iPalette」に広告運用実績のAI分析機能を搭載 分析の精度向上と短縮化が可能に
ラバブルマーケティンググループ、「新規事業開発室」を新設 海外事業やWeb3、AI領域の展開を加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/20 07:30 https://markezine.jp/article/detail/44912

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング