SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、「iPalette」に広告運用実績のAI分析機能を搭載 分析の精度向上と短縮化が可能に

 アイレップは、2月8日、「iPalette(アイパレット)」に対し、LLM(大規模言語モデル) を活用した広告配信実績のAI分析機能を搭載したことを発表した。

 iPaletteは、クライアント企業とともに広告配信にまつわるコミュニケーションを一元的に管理・連携できるプラットフォーム。広告運用ダッシュボード機能や広告詳細レポート機能が搭載されている。

 今回同社は、同プラットフォームにLLMを含む各種AIを活用した広告運用実績の自動分析機能を新たに搭載。同機能により運用実績から様々な数値的事実や因果関係の推察が、高精度かつ短期間で可能になる。

追加機能のイメージ

 同社は今後、広告配信実績の分析のみでなく、クリエイティブにおける各種分析、プランニングなどの領域でもLLMを含むAIの利活用に向けてアップデートを進める。

【関連記事】
アイレップ、マーケティング領域の常駐型コンサルティングサービスを開始 5つの領域で包括的に支援
AnyMind Groupが「AnyMind LLM Lab」開設 大規模言語モデルの活用を推進
ラバブルマーケティンググループ、「新規事業開発室」を新設 海外事業やWeb3、AI領域の展開を加速
セールスフォース、小売業向けにデータとAIの新機能を発表 消費者のショッピング体験強化を支援
スイッチメディアと朝日広告社、AIを用いたCMクリエイティブ・リーチ予測サービスの概念実証を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/09 15:30 https://markezine.jp/article/detail/44794

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング