SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AnyMind Group、BPaaSモデルの越境EC支援の提供を開始 アジア全域で対応

 AnyMind Groupは、3月7日、ブランド企業向けBPaaS(Business Process as a Service)モデルのソリューション「グローバルECソリューション」の提供開始を発表した。

 同サービスでは、顧客の越境EC領域での業務を、同社が有する5つのプラットフォームと現地法人、ローカルネットワークを活用したBPaaSモデルのソリューションで包括的にサポートする。

 従来のECサイト・モールの運営やマーケティング支援に加えて、商流や法規制に対応した輸入対応を含む現地での商品流通支援が可能になる。

グローバルECソリューションの概要

 また、同社のプラットフォームはグローバルで統一されているため、横断的なデータの管理・活用が可能。これにより、利用企業は、効率的かつ効果的な越境ECの展開ができる。

【関連記事】
AnyMind、ライブコマース支援サービスの提供を開始 AIインフルエンサーを活用
AnyMind Group、モバイルアプリ向け成果報酬型インフルエンサーマーケティングの提供を開始
売れるネット広告社、新規事業子会社として「売れる越境EC社」を設立 海外モール事業参入へ
JALとインアゴーラが業務提携、中国消費者向け越境ECにて日本商品のアンテナショップを開設
伊藤忠商事、BtoB越境ECサービスの展開を発表 中国のECモールで流通する商品の調達が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/07 15:30 https://markezine.jp/article/detail/45068

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング