SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sensor Tower、InstagramとFacebookへの出資額を発表 日本では楽天がトップ

 Sensor Towerは、3月8日、日本でのFacebookとInstagramでに出向する広告主と、クリエイティブ戦略に関して分析結果を発表した。以下、一部内容を紹介する。

多くの日本の広告主は出稿先としてInstagramを優先

 2023年第4四半期、日本において、広告主はFacebookとInstagramに対して総額10億ドル近くを投資を行った。また、Instagramへの投資額は6億1,300万ドルで、Facebookへの投資額を66%上回る結果となった。

Instagram支出額のトップは楽天グループ

 2023年第4四半期、日本において、すべての広告主の中で最も多く広告支出をした企業は楽天グループが3,100万ドルで1位となった。また、2位はAmazonで、2,700万ドルとなった。

 また、楽天グループは、2つのプラットフォームへの広告支出額のうち、Instagramに支出した割合は70%となり日本で一番の出資額となった。一方、Amazonは、Facebookへの投資額が1,100万ドルとなり日本でトップだった。

【関連記事】
スマートニュース、縦型動画広告の提供を開始 インパクトのある動画広告配信が可能に
UNICORN、リテールメディア向け広告配信プラットフォームと統合型デジタルサイネージを提供開始
DAC、Metaの動画広告配信メニュー「Product Level Video」対応機能の提供を開始
小学館、美容感度が高いユーザー向け広告配信サービスをリリース
ログリー、インテントデータプラットフォームを開発 広告配信データからユーザーの購買行動・心理を可視化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/11 08:45 https://markezine.jp/article/detail/45076

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング