SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、AIとの会話で発掘したニーズをもとに商品を提案するコミュニケーション技術を開発し、特許を取得

 博報堂は、AIとユーザーとの会話を通じて潜在的ニーズを発掘し、興味関心を喚起しながら商品やサービスをレコメンドするコミュニケーション技術を開発し、特許を取得した。

 同技術により、AIとユーザーの会話を通じて好みや実は興味を持っていることなどを見出し、ニーズに合わせた商品・サービスのレコメンドを最適なタイミングで会話に組み込むことが可能に。その際、ユーザー本人の同意取得の範囲において購入履歴や過去の会話、会員情報といった属性情報も活用し、精度を高める。

クリックして拡大

 これによって、AIがセールスパーソンのような役割を担い、会話から汲み取ったニーズをもとに違和感のない形で商品を紹介。ユーザー側に有益な情報として受け入れられやすくなる。

 今後博報堂は、同技術を活用した他社との協業の可能性も視野に入れ、AIを活用していく。

【関連記事】
Googleアナリティクス4を用いた分析の基本をしっかり学び、実務レベルを上げる
博報堂、東京大学などと共同で一般社団法人「WE AT」を設立 スタートアップエコシステムを創出
位置情報共有サービス、10代の4人に1人が利用経験あり【博報堂ら調査】
博報堂、AIを活用し7,000タイプのバーチャル生活者を生成するサービスのプロトタイプを開発
博報堂と博報堂テクノロジーズ、商品開発プロセスを効率化するAIサービスの業務活用を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/21 08:15 https://markezine.jp/article/detail/45652

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング