SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Hakuhodo DY ONE、Smashと業務提携 CRMを活用したマーケティング支援体制の強化

 Hakuhodo DY ONEは、Macbee Planetの子会社で、リテンションボット「Smash」を提供しているSmashと業務提携をした。

 Hakuhodo DY ONEはこれまで、企業のCRMを支援するためのソリューション提供から、顧客分析データを軸にパーソナライズされたコミュニケーション施策に取り組み、LTVを向上させるためのマーケティング支援を行ってきた。

 一方、Smashは、顧客に対して「解約」というタッチポイントでコミュニケーションを図り、解約の抑制と分析を行うAIチャットボット「Smash」を提供し、企業の解約率の低下や顧客のリレーション強化を支援してきた。

 今回の業務提携により、Hakuhodo DY ONEが保有するデジタルマーケティング領域のノウハウ・ナレッジと、Smashに集約された顧客データ・会話ログデータなどを掛け合わせるこ とで、クライアント企業に対し、顧客分析を軸としたCRMを活用したマーケティング支援体制の強化を図り、企業と顧客のリレーション強化とLTV向上を支援する。

 本提携による主な提供サービスは、以下の3つ。

  1. 「Smash」の代理販売
  2. 解約理由の顧客分析を起点にしたCRM施策
  3. サービスページのUIUX改善によるエンゲージメントの向上と、それによるロイヤル化・顧客体験価値の向上を通じた新規獲得の支援

 今後も、Hakuhodo DY ONEとSmashは事業連携をさらに強化し、クライアント企業のマーケティング成果の最大化とビジネス成長を目指す。

【関連記事】
LTV-X、BtoB EC通販特化型のCRM・MAツールの提供を開始 
Hakuhodo DY ONE、「令和シニア研究所」を発足 シニア向けのソリューション開発を目指す
SMN、Hakuhodo DY ONEと協業 ポストCookie時代に新たな広告戦略を提供
Hakuhodo DY ONEとMacbee Planetが提携、中長期視点での顧客価値創出を支援
DACとアイレップ、新会社の社名を発表 社名は「Hakuhodo DY ONE」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/27 15:30 https://markezine.jp/article/detail/45759

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング