SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Hakuhodo DY ONE、「令和シニア研究所」を発足 シニア向けのソリューション開発を目指す

 Hakuhodo DY ONEは、5月21日、「令和シニア研究所」の発足を発表した。

 令和シニア研究所は、デジタル接触機会が多く健康志向が高い、令和のシニア世代に対して有効なデジタルマーケティング施策を研究する組織。同社が持つデジタルマーケティング領域の知見とノウハウを活かし、シニアマーケティングをテーマに最適なメディア選定やSNS施策などの研究、ソリューションの開発に取り組む。

 また、デジタル施策において明確に定義されていない令和シニアの行動傾向やインサイトを深掘りすることで、広告コミュニケーションの最適化を目指す。

 今後同研究所は、シニア世代の理解をより深めていくための調査や研究を推進し、マーケティングコミュニケーションへの活用や新たなマーケティングソリューションの開発を目指す。

【関連記事】
買物はこれでいいから“これがいい”へ、博報堂買物研究所が「令和の買物欲を刺激する20のツボ」を発表
博報堂買物研究所、リテールメディア・売場作りコンサルティングサービスの提供を開始
博報堂DYグループ、AI研究所の設立を発表 生活者と社会を支える基盤となるAIの構築を目指す
節約意識が高い人の年間支出額が多い 意識と行動の両面から見る生活者変化/博報堂買物研究所調査
リテール総合研究所、「スーパーマーケット イノベーション研究会」を発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/22 09:00 https://markezine.jp/article/detail/45657

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング