SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

インターネット見聞録

アップルの光と影 
iPhone以前に存在した伝説的名機「ニュートン(Newton)」


 先日、日本で発売され大きな話題となった「iPhone 3G」。11日金曜日に発売され、3日後の日曜日には販売台数が100万台を突破したと発表された。まさに破竹の勢いだ。しかし「iPhone」フィーバーが生まれる以前にも、アップルはある端末を世の中に送りだしていたのだった。【連載バックナンバー】

世界初、元祖PDA「ニュートン(Newton)」

 光あるところに影がある。栄光の影に数知れぬ「消えていった製品」が存在する。Lカセット、ベータマックス、ドリームキャスト、ピピンアットマーク、PD、HD DVD、NeXT、ローリー、…そして、いま爆発的に話題と垂涎の的となっているiPhoneの影にも、消えていった製品があった。ほかならぬAppleが1990年代に発売していた元祖PDA「ニュートン(Newton)」(以下、ニュートン)がそれである。

 ニュートンは1993年から1998年にかけて販売された、世界初のPDA(Personal Digital Assistant、個人用携帯情報端末)である。世界初というのはウソではない。もともと「PDA」という言葉自体が、当時アップルコンピュータのCEOだったジョン・スカリー(John Sculley)による造語なのだ。

 大きさは最後期モデルでだいたい21×12センチメートルのサイズだったから、iPhone 3Gの4倍ほどのサイズになるが、ディスプレイ解像度は320×480ドットと同じ。手書き文字認識機能を初めて搭載。完全なオブジェクト指向設計と、パーソナルコンピューティングデバイスの最先端を走ったニュートンだが、残念ながら時代が早すぎ、そして価格が高すぎた。十分な成功を収めないままアップルの経営層交代によって清算される。

NewtonとiPhoneを比べてると時代の変遷が感じられる
NewtonとiPhoneを比べてみることで時代の変遷が感じられる

 そして、新しくアップルのトップに返り咲いたのがスティーブ・ジョブス(Steven Jobs)である。2001年にアップルコンピュータがコンピュータ以外の事業に乗り出して大成功させた音楽プレイヤーは「iPod」だが、そのOSは元のニュートン開発に携わったPixo社によるものだとされている。(現在はJava技術をもってSunに買収されている)また、iPod第3世代まではCPUもニュートンと同じARMアーキテクチャだったのだ。(そしてiPhoneもまたARMアーキテクチャである)

 アップルは、直接的にはニュートンとiPhoneの関係を認めてはいないが、直感的なタッチ入力によるパーソナルコンピューティングデバイスの系譜は、意外な形でいま10年ぶりの成功をアップルにもたらしているのかもしれない。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
インターネット見聞録連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/18 17:52 https://markezine.jp/article/detail/4576

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング