SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

mitorizと東急エージェンシー、マーケティングダッシュボードサービスの提供を開始

 mitorizは、5月27日、東急エージェンシーと協働し、マーケティングダッシュボードサービス「Point of Buy-α(以下、POB-α)」を開発し、6月1日より提供を開始することを発表した。

 POB-αは、mitorizが提供する実購買レシートによる消費者購買行動データベース「Point of Buy」と東急エージェンシーのマーケティングノウハウを融合させたマーケティングダッシュボードサービス。レシートデータに基づく生活者のリアルな購買実態から、自社ブランドおよび競合ブランドの売上分解、時系列推移などを簡単にスピーディーに可視化できる。

 これにより、自社のブランドコンディションや強化すべき流通業態別の販売実態、隠れた競合の発見など、購買データに基づいたマーケティング戦略の立案、実施計画およびその効果検証が可能になる。

【関連記事】
WED、広島県観光連盟に累計10億枚のレシートデータを提供 地域マーケティングの促進を目指す
イオン、トータルアプリ「iAEON」で電子レシート機能の提供を開始 2024年度には全国展開予定
レシート「毎回受け取る」と答えた人は7割弱/うち約4割は「内容を見たら捨てる」【LINE調査】
LINE、「LINEレシート」における広告配信を開始 家計管理の意識が高いユーザーへリーチ
レシートデータから見るコンビニ惣菜の購入動向 チェーンにより選ぶポイントに違い【mitoriz調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/28 09:00 https://markezine.jp/article/detail/45766

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング