SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本IBMとトレジャーデータ、金融機関向けマーケ業務を高度化するサービスを提供 非金融領域で活用も

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)とトレジャーデータは、金融機関のマーケティング業務高度化推進に向け「顧客セグメンテーション精緻化」と「広告施策最適化」を実現する機能を、「DSPマーケティング拡張機能」サービスとして提供する。

 本サービスは、日本IBMの金融業務の共通部分をプラットフォームとして提供する「金融サービス向けデジタルサービス・プラットフォーム(IBM Digital Services Platform for Financial Services、以下DSP)」とトレジャーデータが提供する顧客データ活用サービス「Treasure Data CDP(カスタマーデータプラットフォーム)」の連携によって実現するものだ。

 DSPとは、マイクロサービスなどのクラウドネイティブな技術を活用して金融デジタル変革(DX)を推進するソリューションで、2020年の提供開始以来、約30の金融機関に採用されている。

 金融機関は、今回提供されることになった「DSPマーケティング拡張機能」を活用することで、DSPのデータと行動データを掛け合わせた顧客分析に基づくセグメンテーションが可能になり、個客にあわせたCRMや広告宣伝をリーズナブルに実践できる。

DSPとTreasure Data CDP連携で実現するマーケティング高度化オファリングの図
DSPとTreasure Data CDP連携で実現するマーケティング高度化オファリング

 既に顧客データ活用が広く浸透した企業では「Treasure Data CDP」を用いたCRMで獲得率280%向上、さらに広告宣伝では費用対効果を30%以上改善しており(※トレジャーデータ利用企業実績より)、本協業でも同様の効果の早期実現を目指す。

 また、2021(令和3)年の銀行法改正を受け銀行が参入可能となった、非金融領域での広告事業への活用にも貢献する。

 今後も日本IBMとトレジャーデータは、データ収集基盤の実装からデータ利活用業務立ち上げ、定着までをワンストップで実現できることを目指して、パートナーシップを拡大させていく予定だ。

【関連記事】
SORAMICHIのエグゼクティブ・アドバイザーに元トレジャーデータCCOの重原洋祐氏が就任
26.3%の企業が2024年度に「増収増益」を見込む/業界別では「金融」がトップ【TDB調査】
NTTデータと京都銀行、バンキングアプリ上での非金融サービスを構築 新規獲得や広告事業参入を目指す
過半数がフリマアプリの利用経験あり/Z世代が考える“資産”のTopは「金融商品」に【メルカリ調査】
MILIZE、「金融マーケティング部」を新設 デジタルマーケティング戦略の策定から広告運用までを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/11 14:45 https://markezine.jp/article/detail/45935

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング