SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界最新動向:MarkeZine注目ニュースまとめ

アドビ、代表取締役社長に元マイクロソフト中井陽子氏が就任

 毎日更新される広告・デジタルマーケティング関連の最新ニュースから、注目を集めたトピックスをまとめて紹介する本連載。今回のランキングでは、アドビの新人事に関するニュースが1位となった。その他、ランキングから注目のトピックを紹介する。

※本記事は、2024年6月刊行の『MarkeZine』(雑誌)102号に掲載したものです

Web版MarkeZine掲載ニュースから調査記事を除き編集部が独自に算出(2024年4月11日~2024年5月10日)

マイクロソフト出身の新社長

 アドビは、2024年4月22日付けで中井陽子(なかい・ようこ)氏が代表取締役社長に就任したことを発表した。

 同氏は、1997年に日本マイクロソフトへ入社し、コンシューマ営業本部やWindows製品部プロダクト戦略部門を経て、米国マイクロソフトコーポレーションに勤務。2012年に帰国後、日本マイクロソフトのデベロッパー・エクスペリエンスグループにおいて、エンタープライズソリューション営業をリード。CMOとしてMarketing Analytics部門の統括を担い、複数部門の執行役員を歴任した。

 同氏の社長就任にともない、アドビは各種製品および生成AIテクノロジーを日本の顧客に広く届けていく。

『ピーナッツ』のブランド価値向上へ

 クリエイティブブランディングエージェンシーのK&Cは4月16日、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなどで知られるキャラクターブランド『ピーナッツ』とのパートナーシップ締結を発表した。

 本パートナーシップを通じ、K&Cはピーナッツのインフルエンサーとのコラボレーション、コンテンツ制作、日本国内におけるソーシャルメディアプラットフォームのコミュニティ管理などを実施。ソーシャルメディア戦略および運用を主導し、ピーナッツの日本におけるブランド価値向上を図る。

 なお、K&Cは日本国内でピーナッツのライセンスを管理するソニー・クリエイティブプロダクツとも密接に協力していく予定だ。

地域統計データの取得が可能に

 日本統計センターは4月11日に「47statsAPI」をリリースした。

 同サービスは、エリアマーケティングに必要な統計データをAPIで利用可能にするものだ。同社では、住民基本台帳をベースに推計変換した人口や世帯数などの統計データを、秘匿情報の推計によって補完。時系列で整備している。企業は47statsAPIを自社のシステムに組み込むことで、全国の町丁単位の地域統計データが取得できる。

 同社は今後、データベースと分析機能の拡充およびアップデートを行う予定。

ドコモ・インサイトマーケティングの株式を譲渡

 NTTドコモ(以下、ドコモ)は、保有するドコモ・インサイトマーケティングの全株式について、連結子会社のインテージホールディングス(以下、インテージHD)へ譲渡する株式譲渡契約を4月22日に締結した。

 ドコモ・インサイトマーケティングは、2012年4月にドコモとインテージHDとのジョイントベンチャーとして設立された。ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みを活用し、人流把握を行う「モバイル空間統計」や、企業が保有するデータにドコモが保有するデータとインテージのリサーチデータなどを統合することができるDMP「di-PiNK(ディーアイピンク)」などを展開してきた。

 今回の株式譲渡契約により、ドコモ・インサイトマーケティングはインテージHDの完全子会社となる。インテージHDが持つデータバンドリングのノウハウを活用し、データの価値化が一体的かつ迅速に行える体制へと移行。ドコモが保有するデータを引き続き活用しながら、マーケティングソリューションの提供を行っていく。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
リテールメディアの勢力図

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界最新動向:MarkeZine注目ニュースまとめ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/07/08 09:30 https://markezine.jp/article/detail/45939

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング