SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTデータ先端技術、CX変革を支援するプログラムを提供開始 アイデアの創出から実現まで伴走

 NTTデータ先端技術は、「デジタル技術によるCX変革プログラム」の提供を開始した。

 同プログラムでは、新規サービス創出や既存サービスの改革、組織の改編を進めるためのアイデア創発からその実現まで支援。NTTデータ先端技術が2021年に立ち上げた最新技術を用いてアイデアの具現化に取り組む「IncuCenter(インキュセンター)」の活動と、「CXエキスパート」および「テクノロジーエキスパート」の知見を組み合わせ、顧客のCX変革の実現を目指す。

 具体的には、「デジタルCXデザインワークショップ」「PoC(概念実証)検証」「プロトタイプ検証」「MVP(Minimum Viable Product:実用最小限の製品)検証」の4つのステップにわけて実施。CXデザインとテクノロジーの両視点を掛け合わせたワークショップによって新たなアイデアを発見する仕組みを顧客に提供し、実際のビジネスに活用可能なMVPを構築するとともに、価値の継続的な改善と評価を行っていく。

クリックして拡大

 ステップ1「デジタルCXデザインワークショップ」では、顧客のニーズ・成熟度に合わせたワークショップを提供し、カスタマージャーニーマップや業務プロセスチャート、CXリストなどを作成する。

 ステップ2「PoC検証」で課題を見つけてブラッシュアップを重ね、ステップ3「プロトタイプ検証」ではPoC検証の結果に基づき技術を具現化したプロトタイプを開発。ステップ4「MVP検証」においては、実現したソリューションのユーザー検証も含め、ビジネス評価が可能なMVPをアウトプットしていく。

【関連記事】
NTTデータとmctが資本業務提携、デザインコンサルティング領域を強化
NTTデータ先端技術、インテージのマーケティングリサーチ業務での生成AI活用の検証支援を開始
セラクCCCとNTTデータ イントラマートが協業、カスタマーサクセス支援の新機能を追加
NTTデータと京都銀行、バンキングアプリ上での非金融サービスを構築 新規獲得や広告事業参入を目指す
プレイド、CXの研究と情報発信を行う「プレイド顧客体験研究所」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/13 08:15 https://markezine.jp/article/detail/45944

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング