SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

じぶん銀行が個人向けサービス開始、セブン銀行ATMも利用可能に

 じぶん銀行では、円預金(普通・定期)、振込(ケータイ番号振込)、口座番号振込)、ATM取引(入出金、残高照会)、電子マネー「Edy」チャージを提供。ATMは、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行の各行のATMが利用可能となっている。

 口座の安全性を高めるため、ATMロック、パソコンロック、携帯メールによる取引通知などのセキュリティ機能を用意しているが、au契約者については、auの契約情報を銀行取引と連携させるサービスも提供。登録した携帯電話機以外ではケータイバンキングへログインできなくなるなど、さらにセキュリティレベルを高めることができる。

 そのほか、じぶん銀行決済auショッピング、auオークションなど、EZWebでのショッピングやオークションの決済取引が手軽に利用できる「じぶん銀行決済」サービスも利用可能。今後は、外貨預金・カードローン・クレジットカード・金融商品仲介・保険販売などのサービスが順次追加される。

 同日、じぶん銀行とセブン銀行は、じぶん銀行のキャッシュカードでセブン銀行ATMで24時間365日、「引出し」「預入れ」「残高照会」が利用可能となったことを発表。引出しの際の利用手数料は月3回無料。預入れ、残高照会は回数にかかわらず無料となる。

【関連記事】
KDDIと三菱東京UFJのモバイルネットバンク「じぶん銀行」7月開業
KDDI、通信事業者としてはじめて銀行代理業の許可を取得 
ソニー銀行、2008年秋からローソン・ファミマ・ミニストップのATMが利用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/17 11:55 https://markezine.jp/article/detail/4612

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング