MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通ホールディングスUSA、米広告会社マックギャリー・ボウエンを買収

2008/11/12 16:30

 今回の買収は、電通グループの米国における広告事業強化を目的としたもの。米国で独立系広告会社として急成長しているマックギャリー・ボウエン(McGarry Bowen)は、2002年にニューヨークで設立。売上総利益は5,137万USD(約51億円)従業員数は235名。2007年の米国Ad Age誌ランキングで、全米38位、独立系で10位にランキングされている。

 今回の契約によって、電通ホールディングスUSAは、マックギャリー・ボウエン社持分の100%を買い取り、100%出資子会社とする。

【関連記事】
電通、ジェネオンの一部株式をUPIEへ譲渡、UPIE子会社と合併
電通、第2四半期の純利益は前年同期比43.8%減
電通イー・リンクと24-7 Searchが合併、「株式会社電通サーチ&リンク」に
電通ホールディングス・ヨーロッパ解散

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5